World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 今こそYB各局にIOTAコンテスト時のQRVをお願いしたいです! | トップページ | IOTA contest activity from AS-200 JA5 Shikoku coastal »

2014年7月10日 (木)

OC-157 YB8V Banda Islandへの想い

6月20日に表題のOC-157 YB8V Banda Besar IslandのQSLカードのドナー分約70枚が到着しました。3月初めに作成済みのドナーへの送付用封筒にて即時送付しました。昨日、ロシアのドナーであるR0AZ Slavaさんより到着したとの報告をいただきました。

 
到着したその6月20日にFacebookに次のメッセードとQSLの両面をコピーして掲載しました。
 
Nusantara Award #93th QSL card
 
OC-157 YB8V Banda Besar Island
At last, I just received this QSL card from YB9BU OM Kadek today with all donors QSL cards. Thank you very much for supporting from YB8XM Joppy, YB3MM Adhi and YB9BU Kadek. Ten years ago, I would like to make those contact with OC-122 Tambelan Island, OC-157 Banda Island and OC-208 Banggai Island. I have proposed to YB's IOTA-peditioners and had supported from JA friends. I have dream to receive OC-157 QSL card. Thank you very much for all hams. I am very happy now. Shu JN6RZM
 
P.S. Thanks my friend YB8XM OM Joppy. You are my great IOTA-peditioner.
 
Oc157_banda_besar_front
 
Oc157_banda_besar_back 
YB8XM Joppyさんへはまだ彼がYE8XMのコールサインの頃から、接触していました。OC-070 Ambon Islandに住むYB8XMはOC-157 Banda Islandに最も近いところに住むIOTA-peditionerでした。メッセージにもあるとおり、OC-122 Tambelan Island、OC-157 Banda Island、OC-208 Banggai Islandへのペディション実行をことあるごとに、知り合うYB局へ永年相談し続けました。
 
YB8XM Joppyさんは少し恥ずかしがり屋なのか、メールの返信確率は3割くらい、さらに内容は「三行革命」と揶揄するほど、短文の返事ばかりでした。2006年にYB6LD Donnyさん等に実行していただいたOC-161 YE6N以降、ほとんどYB-IOTAのアクティビィティは無くなっていました。
 
そして、2年前2012年2月にJAの有志によりYB8XM JoppyさんへFT-847中古リグを寄贈することになりました。その結果、2012年5月にOC-249 YB8XM/P Wamar Islandを実行してくれました。わずか2年前ですが、「Banda Islandへは渡っても戻る船が2週間後のために時間が確保できない」という交通事情でした。
 
その代替として、2012年11月にOC-271 YB8XM/P Babar Islandを実行してくれました。ここでもJAと一部DXの有志によりSpiderbeamantennaを寄贈しました。
 
翌2013年10月にNusantara AwardのサービスとしてOC-070 Seram IslandとOC-070 Saparua Islandを実行してくれました。若いハムを育成することを目的に実施されました。その勢いで、交通事情が少し良くなったOC-157 Banda Besar Islandを実行することになりました。
 
最後の寄贈になりましたが、発電機を現地で購入するとのことで、JAと10名ほどのDX局からのドネーションを送りました。
 
話を戻しますが、R0AZ Slavaさんもいろいろと支援をしてくださいました。1年ほど前にUA0AOZから新しいコールサインに変更されました。その彼とのメールのやり取りで気付いたことをFacebookへコメントしました。
 
This operation is the 1st QSO on YB8V at 0406UTC 11th Nov 2014. I was listening on 21260 then. OM Joppy checked this frequency. I called him and came back to my call from YB8V. This is the memorial QSO. Thanks OM Joppy. Arigatou-gozaimasu & Terima kasih for YB8XM Joppy.
 
そうなんです。このQSLカードはそんな強い思いを実現してくれたことの証と言うか、OC-157 Babar Besar Islandの第1号交信なんです。ログの一番最初のQSOなんです。ネットであらかじめ連絡しあったものではなく、じっと21260をワッチして待機していたものです。
 
実は、その1年前のOC-217 YB8XM/P Babar Islandも第1号交信に成功しているんです。12メータハイのベランダから振りだしたAPA-4ではライバルが多くなかなか難しいのですが、天は我にご褒美をくれたと思っております。
 
YB8XM JoppyさんがFacebookでこの情報に気づき、ご自分のファイルにシェアされていました。本当に1995年以来、18年ぶりのQRVでした。YB8XM Joppyさんにあらためて感謝します。
 
追伸 残念ながら、70枚のドナー分QSLカードにはコールサインミスなど4局分が保留状態です。手を打ってはいますが、さらに残念ながらメール返信はありません。
 
YB9BUからのQSLカードが到着しましたら、ご一報いただければ幸いです。

« 今こそYB各局にIOTAコンテスト時のQRVをお願いしたいです! | トップページ | IOTA contest activity from AS-200 JA5 Shikoku coastal »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今こそYB各局にIOTAコンテスト時のQRVをお願いしたいです! | トップページ | IOTA contest activity from AS-200 JA5 Shikoku coastal »