World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-122 YF1AR/5 Tambelan Island arrival | トップページ | AS-200 Shodo Island JA5FOPのIOTAコンテストへの参加 »

2014年7月25日 (金)

YB8RW Dinさんを救えプロジェクトの報告 その2

7月19日に当ブログで紹介しました件の続報です。YB8RWの壊れたリグの修理支援です。
当初の見積もりからかなり変わってしまいました。
(1) 2SC2904            2 about 80USD  →               78USD
(2) C3133 condenser  2 about 10USD →2SC3133 2 about 15USD
    Another parts                        →I/F用の部品     10USD
(3) Postage               1 about 10USD  →                2.6USD
-------------------------------------------------------------
Total                      100USD             →             105.6USD
となりました。
 
第一にI/F用の部品が加わりました。20日の夜に追加の依頼が来ました。7月21日が祭日のために22日に速達で送ると言われましたので、JPよりもクロネコヤマトメール便の使用を勧めました。21日の朝一番にセブンイレブンでクロネコヤマトのメール便82円でお願いしました。
 
急ぎたいとのことで100円プラスして速達で送ってくれました。無事に22日に到着しました。
そして、2SC3133は既に製造中止でしたが、本日手に入れることができました。昨日、クロネコヤマトのメール便速達で送るとの連絡がありましたが、本日午前中に到着しました。
 
すぐに梱包に入りました。少しでも軽くを目指して昼ごはんもそこそこに早良郵便局へ持っていきました。
 
Dsc09842
HX52Aアンテナや、IC-706mk2と同じ感覚でいました。郵便局の窓口でRadio Partsでインドネシアへ一番速いのでとお願いしました。税関の検閲があるので封も開封したままでしたが、返ってきた金額は260円でした。耳を疑いました。
 
「Small Package扱いで2kgまでインドネシアは260円と言われました。着信確認の扱いをするなら900円。概ね1週間から10日で到着します。」と言われました。
その安さに驚きました。国内にちょっと毛が生えたくらいのコストです。もちろん260円でお願いしてきました。小包扱いの下にSmall Packageという小型小包があることを知りました。
 
やはり、体験することは強いですね。また、新しいノウハウを得られたと思いました。
本日完了しました。コスト支援や知識支援、多くの方にご協力をいただきました。この連係プレーは最高だと思いました。あとは、Dinさんがうまく修理してくれることを祈るだけです。

« OC-122 YF1AR/5 Tambelan Island arrival | トップページ | AS-200 Shodo Island JA5FOPのIOTAコンテストへの参加 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-122 YF1AR/5 Tambelan Island arrival | トップページ | AS-200 Shodo Island JA5FOPのIOTAコンテストへの参加 »