World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« OC-210 Karakitang Island YB8RW/P関連のQSL請求について | トップページ | OC-122 YB4IR/5 Tambelan Island QSL card 発送開始 »

2014年8月 8日 (金)

AS-200Pの取り扱いが一歩前進

この朝にRSGB IOTA CP JAのJA9IFF中嶋さんよりJA5CPJ滝川さん、JA5FOP大石さん、JA5QYR佐々木さん宛へ表題の件でお礼とご報告のメールが発信されました。

 
その中に「今朝、G3KMA Rogerから返事があり、『QSO数確認出来たので、Provisionalを外す』との事でした。近々、正式発表があると思います」との内容がありました。
 
一昨日に中嶋さんより私に連絡があり、JA5の上記お三方の交信合計をもってAS-200PのPを外したいとG3KMAと話がまとまったのでお三方のデータ回収をお願いしたいとの依頼がありました。昨日の朝にお三方のご協力によりとりまとめ中嶋さんへ報告させていただきました。
 
RSGBのいきな計らいだと思いました。1000局5大陸の条件は本年7月5日以降で3局合計で1280局超の6大陸からの結果で十分に満足されていました。新しいIOTAは広い地域(5大陸)の多くの局(1000局以上)へ可能な限り均等に交信を提供することがPを外す条件であることを強く感じました。
 
2012年9月29日に福岡でIOTA Meeting in Fukuokaを開催しましたときに、JA9IFF中嶋さんに基調講演をお願いしました。その講演の中でもJA5の離島を何としてでもNew IOTAとしたいと説明されていました。中嶋さんはそれを実現され、さらに確実なものにされました。流石です。
 
それ以上に地元の皆さんに協力して達成させるというところがにくいですね。素晴らしいと思います。
 
近々、RSGB IOTA websiteのIOTA Newsにおいて正式発表が細かい部分を含めて発表されると思います。

« OC-210 Karakitang Island YB8RW/P関連のQSL請求について | トップページ | OC-122 YB4IR/5 Tambelan Island QSL card 発送開始 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-210 Karakitang Island YB8RW/P関連のQSL請求について | トップページ | OC-122 YB4IR/5 Tambelan Island QSL card 発送開始 »