World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« YB8RW Dinさんを救えプロジェクトの報告 その3 | トップページ | 2014年8月から9月にかけてのIOTA chasing »

2014年8月23日 (土)

EU-191 YP0F Fericirii Island レポート

2014年7月5日に発表されました11 New IOTAのうちの一つであるEU-191 YP0FチームのQRVが昨晩よりはじまりました。8月22日から9月30日のロングランです。昨晩14058でレポートが上がりましたので、この朝5時40分くらいからワッチを開始しました。

 
14028 upですぐに信号を見つけました。午前6時を少し回る頃に信号がぐんぐん上がってきました。これは交信できるなと思いコールし続けましたが、世界中からのパイルには私のアパマンアンテナではかなり厳しくリターンはありませんでした。
 
6時過ぎから6時40分くらいがもっとも強く、JAからも2-3回でリターンがあり、積極的にピックアップしていたようです。CWオペレートもたいへんスピーディで耳も良かったです。ビーム使用ならば簡単に交信できると思いました。
 
午前7時くらいには信号も落ちましたが、7時台に入って時々信号があがることもありました。また、CQの回数も多くなったようでした。8時前にはQRTしたようです。
 
EU/NA、そしてJA(AS)はもちろんのこと、VK(OC)やPY7ZZ(SA)なども交信を確認しました。1日目で既に5大陸交信は完成したようです。他バンドにもQRVすると思いますので慌てなくても交信は十分に可能です。このペースならば1000局も今週末くらいには到達するでしょう。
 
2000年にも新規にEU-181がルーマニアに誕生しましたが、当初は毎年のようにQRVがありました。EU関係のNew IOTAは盛んにペディションが実施されることが多いと思います。最も詳細な情報はQRZ.comです。ただし、Equipmentは不明です。ご参考にEU-191 YP0Fの第1日目をレポートしました。

« YB8RW Dinさんを救えプロジェクトの報告 その3 | トップページ | 2014年8月から9月にかけてのIOTA chasing »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YB8RW Dinさんを救えプロジェクトの報告 その3 | トップページ | 2014年8月から9月にかけてのIOTA chasing »