World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« Next IOTA by YB4IR | トップページ | Provisional IOTAにおけるIOTAコンテストログの取扱いに疑問 »

2014年8月13日 (水)

OC-075 Bintan Island resident stations from YB5NOF

IOTA chasingにもなりますがどちらかというとNusantara Award向けですね。昨日、表題のOC-075 Bintan Islandの固定局を探し出し、後押しをYB5NOF JohnさんとYB5QZ Antonさん、そしてYB4IR Imamさんにお願いしました。

 
夜遅くにYB5NOF JohnさんからFacebookのメッセージが入っていました。
「お手伝いしましょう。明日にでも電話であたってみましょう。たくさんのアクティブ局がいるはずです。もし見つかればShuさんとスケジュールを組みましょう。」との内容でした。
 
調べた内容として、離島のこれくらいの島にはある程度のハムがいそうです。ところが、YB/YEプリフィクスの上級局は少なく、YC/YD/YF/YGの中級あるいは初級局が多いようです。さらに、7MHzSSBで国内QSOを主としている場合がほとんどといって過言ではないようです。なんだかJAの7MHzに似ているようですね。
 
40mとは別に80m/20m/15mにでられると回答する局もあります。しかし、20mSSBは14100から14150までなどと制約があります。それでYF1AR Budiさんは14150でサービスをします。
 
もちろん、ビームを持っている局は少なく、ほとんどがダイポールやロングワイヤ系でのQRVです。JAが交信したがっているということで海外交信に興味を持つYB局が増えるのもまた面白そうですね。Johnさんからの吉報を待ちたいと思います。それともYB4IRがBintan Island及び近辺の島を回ってくれるかもしれません。
 
要はIOTA chasingをされる局を増やしたのと同様にNusantara Awardに興味を持つ局を増やさなければさらなる活性はしないと思います。

« Next IOTA by YB4IR | トップページ | Provisional IOTAにおけるIOTAコンテストログの取扱いに疑問 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Next IOTA by YB4IR | トップページ | Provisional IOTAにおけるIOTAコンテストログの取扱いに疑問 »