World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« AS-200 Shikoku's Coastal Islands RSGB 受付開始 | トップページ | YB-IOTAの未回収QSL状況報告 »

2014年8月17日 (日)

OC-075 Bintan Island plan 2014 その2

さきほどYB5NOF JohnさんとFacebookで表題の件を話し合いました。Bintan Islandにはresident局はいるがその多くが7メガの国内ラグチューがメインのようでした。海外とはやらない、QSLカードを持たない、機械が壊れているなどの結果でした。

 
そこで、話しが早くなりました。Johnさん自身が二泊三日でHX52Aアンテナを抱えて訪問されることになりました。飛行機で簡単に行けるそうです。リグはORARIオフィスのものを借りるそうです。QSLカードはW2FBへお願いすることにしました。来年2月にもOC-210の島を回るそうです。
 
W2FB Steveは現在Bali島に滞在しています。Johnさんとのチャットの合間にFacebookでOC-075 YB5NOF/P Bintan IslandとOC-210 YB5NOF/8の共用QSLカードによるQSL managerをOC-208 Banggai Islandと同様にお願いしてみました。即、「No Problem」の回答でした。
 
Johnさんは8月中に行くと言ってきましたので、可能ならば週末にお願いしたいと依頼しました。W2FBのQSL managerにもたいへん喜んでいました。
 
昨年のOC-122 Tambelan Islandのドナーの皆さまには申し訳ありませんが、Johnさんは2-3日程度のペディションならば行けると言っていました。OC-122は1週間はかかりますので病身の奥様がきっと離さないのでしょう。ようやく息抜きのチャンスが巡ってきたのかもしれません。
 
多分、8月29日-9月1日のうちの2-3日でOC-075 YB5NOF/P Bintan Islandが決定すると思います。なお、Bintan Islandは2000年7月にYB5NOF/P Johnさんが実施して以来のQRVなんです。意外と珍島と言えるでしょう。

« AS-200 Shikoku's Coastal Islands RSGB 受付開始 | トップページ | YB-IOTAの未回収QSL状況報告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-200 Shikoku's Coastal Islands RSGB 受付開始 | トップページ | YB-IOTAの未回収QSL状況報告 »