World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« AS-200 IOTA Contestのログ提出支援 その2 | トップページ | YB8XM 2014 CLUBLOG利用とQSL card準備OK »

2014年8月10日 (日)

OC-075 Bintan Island resident stations

IIHFのFacebookにYF5WM Bintan IslandのQSLカードが掲示されましたので、メール並びにFacebookのメッセージでアポイントを取ってみました。QRZ.comにて調べても間違いなくBintan Islandです。Facebookで回答が戻り、現在リグが故障し長らく修理を頼んでいるそうです。

 
昨日、QRZ.comの検索にて別のBintan Islandを見つけることができました。YB5INAYF5WLです。YF5NIとYF5NRFはYL局としてヒットしましたが、連絡方法が見つかりませんでした、YB5INAとYF5WLはSked依頼のメッセージを昨日お願いしております。
 
Nusantara Award newとして大きく期待しています。実はこの島は先日のOC-122へ行く各局の中継地でもありました。
 
さらに、OC-236 YB8 Selayar(IOTA DirectoryではSalayar) Islandにも複数のResident局を見つけました。この島は過去にYB8HZ HajarさんがQRVしたことがあります。その中でYC8CZWはアクティブに活動しているように見受けられました。
 
さらに、さらにOC-022 YB9 Bali Islandに属するPenida IslandにもYE9BKFYC9CGMが住んでいました。両局ともにオンエアが可能と思われます。
 
昔、カレーのコマーシャルで「インド人もびっくり」というのがありましたが、まさに「インドネシア人もびっくり、Adhi-sanもびっくり。そしてNusantara Awardファンもびっくり」と言ったところでしょう。ぜひSkedに持ち込みたいですね。また、別の島のResident局を探してみたいと思います。
 

« AS-200 IOTA Contestのログ提出支援 その2 | トップページ | YB8XM 2014 CLUBLOG利用とQSL card準備OK »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-200 IOTA Contestのログ提出支援 その2 | トップページ | YB8XM 2014 CLUBLOG利用とQSL card準備OK »