World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« YB8XM 2014 CLUBLOG利用とQSL card準備OK | トップページ | OC-236 Selayarから、OC-242 KayuadiとOC-247 Sabalanaへ »

2014年8月11日 (月)

OC-236 Selayar IslandのResident station

Nusantara Awardでは過去に1度だけQRVがありました表題のSelayar Island(IOTA DirectoryではSalayar)の固定局YC8CZW, YC8DIR, YC8HMCへSked依頼のメールとFacebook経由でのメッセージ送付を昨日行いましたことを報告しました。

 
Selayar_island
スラウェシ島の南スラウェシ州の南側に南北に横たわる島がSelayar Islandです。

 
本日、さらにマカッサルを中心にスラウェシ島のIOTAぺディショナーへこのことを伝え支援を求めました。上記3局のうち、YC8CZW局のFacebookに彼らぺディショナー達の顔写真が掲載していたからです。要するにお友達と言うことです。
 
すぐにあるぺディショナーから「お手伝いしましょう」とFacebookにてご返事をいただきました。そのままチャットを続けると「OC-236 Selayar Islandと、その少し南側にOC-242 Kayuadi Islandへ私が行っても良いが」と言うことになりました。
 
私は私のYB-IOTAがOC-274Pを残して全て完了したこと、JAの有志の皆さんにドネーションのギャザリングをすでに行わないことを伝えました。さらにGDXFとIREFの説明をしましたが、GDXFはIOTAクレジット15.0%を超えると支援はしないこと、ちなみにOC-242は18.6%です。などなどを説明しました。
 
YB-IOTA wanted list 2014においても45局中、未交信は14局であることを伝えました。有志にお願いしても200USDくらいしか集まらないであろうと説明しました。しかしながら、私は両島ともに希望すると伝えました。100-200USDくらいでも実行する可能性はありますが、要望並びに支援可能とされる方はメールでご一報ください。

« YB8XM 2014 CLUBLOG利用とQSL card準備OK | トップページ | OC-236 Selayarから、OC-242 KayuadiとOC-247 Sabalanaへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YB8XM 2014 CLUBLOG利用とQSL card準備OK | トップページ | OC-236 Selayarから、OC-242 KayuadiとOC-247 Sabalanaへ »