« OC-194 VK2 Korffs Islet 調べ | トップページ | IOTA Meeting in Bali Island »

2014年10月23日 (木)

OC-157 YB8V 全支援業務終了

この朝にFacebookにYB8XM Joppyさんが次の写真を掲載していました。

10414528_972629402764135_8895356284 
昨年2013年10月22日にOC-157 YB8V Banda Besar IslandのIOTAペディションが決定し、その支援のためにJA有志へドネーションの協力お願いを発信しました。たくさんのご協力を得て11月に実行されました。
 
QSLカードをご支援いただいたドナー全員分を6月20日にYB9BUより届きましたが、お二人分のコールサインが間違っていました。全ての方法でYB9BUへ対応しましたが、まったく連絡不能でした。新しくYB8XMにハンドリングをしてもらいようやく写真にあるお二人分のQSLを発行していただくことになりました。
 
ちょうど1年でOC-157 YB8Vの支援業務が終わることとなりました。肩の荷がようやくおりました。ペディションの発起からドネーションの募金、PR、QSL作成、ドナー全員への連絡などとYB8XM Joppyさんと貴重な体験をさせていただきました。基本的にはドネーションのご協力をいただいたJA並びに海外からのドナーの皆さまのお陰です。
 
Joppyさんは現在、YB8V QSLを自費で再印刷し、昨日までに76のOQRSを返信したそうです。さらに遡ってのQSL印刷に関しては、このYB8Vの請求の度合いに関わってくると思います。76局にQSLが届くと、その情報が広がって伝わり効果をあげることでしょう。

« OC-194 VK2 Korffs Islet 調べ | トップページ | IOTA Meeting in Bali Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-194 VK2 Korffs Islet 調べ | トップページ | IOTA Meeting in Bali Island »