« あらためてGDXFの素晴らしさ | トップページ | AS-200 Shikoku's coastal IslandsのIOTA申請における注意点 »

2014年10月29日 (水)

中古リグ提供支援、第3弾終了

2014年10月12日に中古のIC-756PROがJA5IU吉松さんから届きました。CWフィルター付きの中古リグを海外のIOTAぺディショナーに提供しようという支援です。すぐに本人へ連絡しましたらびっくりされたいへん喜んでくれました。

 
しかし、内密にお願いしたいとのことでコールサインやお名前は出さないことにしました。私のブログにも出していましたので慌ててその記事を削除しました。PRできないので少しやりずらいなと思いながら過去にご支援をいただいたJA friendsへメールでご案内しました。
 
1000円の支援金があっという間に集まり45,000円になりびっくりです。
かかる費用はJA5IUさんへの中古リグ代金(お礼)、国際小包送料、先方の輸入税です。概ね18,000円と予想しています。そして、私のこだわりの「贈呈プレート」作成料4,750円です。
 
昨日、贈呈プレートを取りに行き、午後に郵便局へ渡す予定が集荷が間に合わずこの朝にお渡しすることになりました。さきほど箱からIC-756PROを取りだし、贈呈プレートをしっかりと固定し発送を終了しました。
 
Ic756pro
2年半前のYB8XMの時は、大阪の業者で作成し、リグ提供者のJP1EWY服部さんへ直送しましたが、正直に申し上げて綺麗なプレートです。品格を感じました。このリグで1回2回とは言わず、10年20年とIOTAサービスを続けて欲しいと願って集配の郵便局員へお渡ししました。
 
ご支援された方のコールサインとハンドルはずっと伝わると思います。ありがとうございました。

« あらためてGDXFの素晴らしさ | トップページ | AS-200 Shikoku's coastal IslandsのIOTA申請における注意点 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あらためてGDXFの素晴らしさ | トップページ | AS-200 Shikoku's coastal IslandsのIOTA申請における注意点 »