World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« BA4TBによるBY関係のQSLサポート | トップページ | QSL card 請求から受領までの日数計算 »

2014年11月 7日 (金)

YB9BUの状況(2014 November)

IOTA-chasers Forum にある局がYB8VのQSLが回収できない。YB3MMへ送ったUSDやYB9BUへ送ったIRCはどうなるんだと質問を投稿してきました。

 
私も大きく関わっていますので、即座の英文による回答を書き始めましたが、その合間にNAを中心に回答が次から次と書き込んできました。そのたびに熟読し、回答がダブらないように訂正しながら回答メッセージを書き続けていました。
 
途中でShuやJN6RZMまで出てきました。タイトルが「YB3MM Paypalアカウント?」と第3者が見るとYB3MMがお金を貰って何もしていないようなイメージも感じられるほどになりました。私の回答メッセージは何度も作り変えました。特にYB3MMを擁護するように書いていました。
 
そして、お昼に入って昼食後にご本人のYB3MM Adhiさんが書き込んできました。
 
Dear Bryan and all Ham friends
 
As I replied by personal mail to Bryan and many many friends who sent me emails,
here I explain again that I NEVER NEVER and NEVER steal your money.
All Paypal transfer to yb3mm@mdxc.org to request QSL Card of YB8RW, YB8V, YB8XM and other stations managed by Kadek have been forwarded to Kadek YB9BU.
There is no more outstanding on my side.
And again, as described in my qrz page, that I cannot control QSL practice of Kadek YB9BU.
Of course I am trying to contact Kadek. But unfortunately already several months he is disappeared.
I am really afraid, something wrong with his health.
But so far I don't have any information.
 
Any stations have any difficulty to get my cards YB3MMs, 4W/NB3MM, and other stations managed by me?
If not arrive after certained of time, I will resend without additional fund.
But please please please do not enclose USD or any bank notes. Extremely dangerous here.
 
If you have any other question, please send me email personally.
 
Happy DX, Happy IOTA Chasing, 73
Adhi YB3MM
 
all Ham friendsと書いてあるから転載しても大丈夫でしょう。
 
まず、YB3MMがPayPalで受領したお金は全て適正に処理されていることを私も証明します。OC-157 YB8Vのスタート時点のドネーション額は1,300USDを超えました。ここから、QSLカードの私からドナーへの返送料50USDを除いた1,250USDをYB3MMのPayPalへ送られました。その受領画面とYB8XMへの送金証明を受領しています。
 
1,250usd÷2usd=625局分の返信料です。多分、全体の返信料よりこちらの金額の方が大きいのではないかと思います。ごまかしはありえません。
 
次にYB3MM Adhiさんの文章の中にあるYB9BUの状態です。
7月のIOTAコンテスト時にOC-148 YB9BU/PにてTimor島KupengのYC9MKFのシャックからオンエアしています。さらに8月16日にはYB3MMとW2FB SteveがKadekさんの自宅を訪問しています。それ以来、連絡が取れていないことです。
 
私のメールも郵便もポストカードにも応答が無く、10月20日にYB9BUとの連絡を断念することにしました。これはYB9BUを悪者にするのではなく、一切連絡方法を失ったので、すべて他の方法を取るという意味でありました。
 
世界的に見ましてもIOTA chasingでは来年1月の年度締め前の行動としてYB8VのQSLing対応が必要と判断したものです。YBの皆さんも連絡ができていないことを認識していただきたいということで当ブログに報告させていただきました。
 
【追記】
2014年5月9日に私からYB3MM Adhiさん宛へ次のようなメッセージを送っていました。
 
And I and few Japanese friends would like to send OM Kadek our disease solatium. Please say to me your opinion.
Thanks for your reading, Adhi-san.
Shu JN6RZM
 
一部のJA friendからYB9BUのいままでの功績に対し、また今回の入退院のお見舞いとしてドネーションを送ろうという相談をAdhiさんへ送ったものです。YB9BUと連絡が取れないため、YB3MM PayPalを利用したいと言う意味で送りました。しかし、5月の大騒動と重なったためにそのままになってしまいました。
 
まあ、私もかなりの額を使っていますが、YB9BUへ送ったQSL返信料は病気見舞いと思った方がよいかもしれません。ご参考ください。

« BA4TBによるBY関係のQSLサポート | トップページ | QSL card 請求から受領までの日数計算 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BA4TBによるBY関係のQSLサポート | トップページ | QSL card 請求から受領までの日数計算 »