World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IOTA 申請 2015 | トップページ | EU-180 Tuzla Island RT6A/5の取り扱い »

2015年1月13日 (火)

AS-069 Iony Island R0/US0IW plan完全になくなる

2010年ころからお付き合いしていますUS0IW Sergeさんが扱っているAS-039 R0/US0IWのQSLカード回収支援依頼のメールをJAフレンドからいただきました。

 
2013年3月を最後にメール交換が止まっていましたが、Sergeさんはウクライナに在住のロシア人でサハリンやカムチャッカの病院建設に携わっておられました。その頃にIOTAペディションを実施されたものですが、私が提案しAS-069 Iony Islandへのペディションを受け入れてくれました。
 
JAフレンズにもお願いしドネーション支援をいただき、送金直前まで話しが進みました。そのころロシアのUA4エリアの病院建設に出稼ぎに行かなければならないとか、長男を事故で失われたり、AS-069への道は徐々に細くなってしまいました。
 
断腸の思いで、集まったドネーションを他の支援へ回しました。Sergeさんはたいへん残念がっていましたが、プランが決まれば再びJAフレンズが協力いただけるということで納得してもらいました。それが2013年3月でした。
 
冒頭のAS-039 R0/US0IWの回収支援も含め、昨日1年10カ月ぶりにメールを送りました。この朝に返信がありました。要約すると次の通りです。
 
「はい、Shuさん すべてはこの地域の戦争のために非常に悪い状態です。私の家は爆撃されました。さらに私はロシアのROSTOV OF DONに6カ月避難しています。今日、自宅に戻ります。しかし、QRZ.comのアドレスは非常に悪い状態です。 73 Serge」
 
というご返事でした。
無線どころではないですね。ログやQSLカードも焼失の可能性が大きいでしょうね。AS-069 Iony Island R0/US0IWのプランは完全にストップと言って良いでしょう。平和ボケと戦争の無意味さを痛感した1メールでありました。まずはメール交換に努める次第です。

« IOTA 申請 2015 | トップページ | EU-180 Tuzla Island RT6A/5の取り扱い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA 申請 2015 | トップページ | EU-180 Tuzla Island RT6A/5の取り扱い »