World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 二つのOC-269 Karimata Islands悲喜こもごも | トップページ | YB-IOTAに関する質問にお答えして »

2015年5月25日 (月)

OC-147 YB9YKI QRVなるか?

本年2015年に入ってからもYB-IOTAペディション実施は衰えず、とうとうYBぺディショナーが争そうように残りのYB-IOTAを実施しているような様になってきました。次の残りはYB-IOTA wantedリスト上で判断するとOC-147 YB9とOC-242 YB8の二つが有力と思われます。

 
Facebook上ではYB4IRがOC-147へ行くとか行かないとか噂もあります。この朝にOC-147の固定局であるYB9YKIをGoogle検索すると最優先の一番上に当ブログの記事がヒットしました。
 
 
ちようど2年前の2013年4月にYB9YKI BachrumさんがYC9YKIからコールをYB9YKIに変えてOC-147 Yapen Islandに戻ったとのメールが届いたという内容でした。私はすっかりこの記事を投稿したことを忘れており、読んでみてびっくりしました。
 
2週間ほど前にJA7BWT時田OMから2006年に交信したOC-147 YC9YKIのQSLカードを昨年8月にマネジャのYB9BUへ請求して1月末のクレジットに間に合ったとの連絡をいただいたばかりでした。他のぺディショナーによるOC-147の実行の有無は別として、すぐにYB9YKIへQRV可能か否かの確認メールを送りました。
 
Bachramさんから直接QSLカードを送る方法も可能と思います。Skedを組んで、JN6RZMへまとめてカードを送ってもらうとか、カードが無ければJAの方で支援するとか、YB9BUへ確認するなどいろいろ対応できると思います。YB9YKIの返信を待ちましょう。

« 二つのOC-269 Karimata Islands悲喜こもごも | トップページ | YB-IOTAに関する質問にお答えして »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二つのOC-269 Karimata Islands悲喜こもごも | トップページ | YB-IOTAに関する質問にお答えして »