« SA-071 PW2G Gatos Island on IOTA contest 2015 | トップページ | YB8RW関連のQSL cards一考察 »

2015年6月27日 (土)

KL7HBK Johnさんからの返事

この朝に次のクラスターレポートを見つけました。

KL7HBK      2221Z  50090.3 QM05 sssp BO49 tu call John    JE1BMJ-9
 
久しぶりのKL7HBK JohnさんのQRVです。JE1BMJさんが50MHzのクラスターレポートをあげられていました。最後のメールのやりとりは2011年でした。そこで4年振りに私の近況を伝えるメールを13時36分に送ってみました。
 
KL7HBK Johnさんは64歳の定年を迎える2007年にNA-004 Endeavor IslandとNA-050 Bater Islandから数回のオンエアをしてもらいました。元気で72歳の7月の誕生日を間もなく迎えられると思います。そのころ送ってもらいましたNA-004/NA-050の無線設備です。
Barter_island_2730_aug__2007_004
2007年にNA-050 Bater Islandで撮影された無線設備兼自家用車です。このWhipアンテナで私のAPA-4までクリアな信号を届けてくれました。リタイヤ後にはKL7のIOTAを廻るとも言われていましたが美辞麗句になっていました。
 
14:00JSTちょうどにメールが戻りました。「いま6mに凝っています。JAとも交信しています。6mのWAJAを狙っています。Shimane, Yamaguchi, Kagawa, and Miyazakiの4県がまだ必要です。」と、たいへんお元気のようでした。
 
再度メールを送り、先日作成しましたIOTA-KL7 wanted list 2015を添付ファイルにて付けました。これから再びお付き合いを再開したいと思います。
 
ところで、6mにQRVされています島根、山口、香川、宮崎の局をご紹介いただけませんか? きっと、Skedを組んでくださると思います。将来はNA-004/NA-050をはじめとしてKL7-IOTAへの移動をしていただけるかもしれません。
 

« SA-071 PW2G Gatos Island on IOTA contest 2015 | トップページ | YB8RW関連のQSL cards一考察 »

コメント

こんにちは  50MHzだと 宮崎JE6AZU局、島根JA4DND局 共にリクエストはOKだと思います。
今日もKL7HBK局がJA7でレポートありましたが西までは聞こえてこなかった感じです。難しいのは
香川県かも? KL7-JAは50MHzではこの6,7月の時期しかないですね。

高田さん、おはようございます。
素晴らしいアドバイスに感謝します。ページを変えて全体へ報告いたします。
感謝!

こんにちは 多分KL7HBK局は今の時期の6mのオープン状態は知っていると思いますね。
サイクルのボトム時期でも6,7月のマルチのESを利用して 50MHzでは午前中はJAと北米、
午後はJAとヨーロッパが交信できるチャンスがあります。ここ数日はKL7HBK局はこれを使って
いるのだと思います。 ただしJAの中でも東日本、北日本との相性がよく(これはHFでも同じ)
西日本が残っている理由だと思いますね。書いた2局は10エレ八木以上 1kwの局なので
オープンすれば、十分チャンスがあるかと思います、またその2局から山口、香川を聞けば
フェースブック的に広がり チャンスが出来るではないでしょうか。   

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SA-071 PW2G Gatos Island on IOTA contest 2015 | トップページ | YB8RW関連のQSL cards一考察 »