« IOTA Contest 2015の参加局をチェック | トップページ | OC-239 Ram Island & OC-147 Biak Island YB4IR/9 plan »

2015年6月10日 (水)

NA-070 Amchitka Island KL7NWR (6/9-11) QRV開始

この早朝にNA-070 Amchitka Island KL7NWRが14255でQRVを開始しました。日本時間6月9日の夕方は出てこないと予測していましたが、この早朝4時にオンエアを開始しました。約1時間ほどでQRTしましたが、午前6時半くらいから再びNA/JAへサービスを開始し、日本時間の午前9時過ぎまで14255のup5で約5時間もサービスされました。

 
午前4時台のサービスは向こうの朝飯前のサービスでしたが、6時半以降の約2時間半は業務開始までの向こうの午前中のサービスとなるでしょう。この時間帯は全く予想外でした。
 
私も6時半に見つけましたときは弱くてノイズで正確にコピーできないので交信を諦めて聞いていました。7時からの朝食を20分ほどで済ませ、呼ぶ局もまばらになったところで7時30分過ぎにコールバックをいただきました。
 
本日は午後から用事がありましたが、これで気持ちよくでかけることができます。
ところで多くの局に交信していただきたいと思いますのでいろいろ情報を探してみました。3年前に20メール、2年前に2メールを交換していました。参考部分のみ下記に提供します。
 
2012/05/23 3年前のメールからの情報です。時期がほぼ同じで参考になると思います。
about 0400-0800 UTC」、しかし仕事の具合で前後する。
周波数は 14.166-14.187あたりの14MHzSSBが中心。本日は14255の5upです。
 
2012/06/01 ここからNA-039 Adak Island現地からです。
なんと「14.182 starting 0445h」とQRV開始の時間と周波数を現地から貰っていました。
 
2012/06/03
「Now QRV on 14.219 and I can QSy to 17m any time. 21 probably not good from QTH
と、17mはコンディションが良いが21MHzはあまり良くないとの2年前のご返事でした。
 
2012/06/03
「Arigoutou! I worked  him.  Send any other JA to 18.158」と、ご紹介したJA Friend
とも18MHzへQSY後に交信できました。14から18MHzへのQSYは受けてくれそうです。
18160前後を使っています。
 
2012/06/04
このあたりからは私一人ではなく、複数の局へ同報通信メールで情報を送り始めました。
 
2012/06/07
この日にはNA-039 KL2HD/Pの後処理としてのQSL情報をいただいております。
 
2013/05/22 2013年に変わりました。NA-064 Atts Islandの事前詳細情報でした。
メールアドレスがgmailに変わっていました。別のNA-064でクレジットを受けていましたので
この2013年は2回メールが届いたのみで終わりました。
 
2015/05/23 NA-070 & NA-039事前のご挨拶
 
 
本日、仕事の出発が遅れたために0400-0800Zの夕方のQRVに影響がでるかもしれません。明日11日と明後日12日の朝は午前4時から1時間程度の可能性がでてきました。
本日のように6時半から9時までのQRVの可能性はかなり低いのではないでしょうか。
 
本日10日と11日の0700-0800zくらいが最も確率が高いと予測できます。すべてご参考とあくまでも予想です。
 
【追記】
日本時間6月10日午前10時30分くらいから14255でクラスターレポートが上がっています。天候不順などで業務遂行を控えているのかもしれません。この時間ならば現地の夕方です。今日は仕事を中止して、このままサービスが続く可能性があるかもしれません。

« IOTA Contest 2015の参加局をチェック | トップページ | OC-239 Ram Island & OC-147 Biak Island YB4IR/9 plan »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Contest 2015の参加局をチェック | トップページ | OC-239 Ram Island & OC-147 Biak Island YB4IR/9 plan »