World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« NA-039 KL7 Andreanof Islands 24.2% しらべ | トップページ | NA-169 W7T Waadah Island QRVing on IOTA contest 2015 »

2015年7月25日 (土)

EU-160 RI1PC Chaichiv Island 中止に残念

2015年7月24日にUA3AKOのご協力により、EU-188 & EU-160のペディション中、先の予定のEU-160が後回しになり、さらにほぼEU-160が中止になると、早々なる報告がありました。EU-160は7月17日からの予定でしたが、悪天候のために6日間も釘づけされた末の決断だったようです。

 
実行されましたEU-188は23日の夜7時くらいから14CWで結構強く入り始めました。10CW、7CW、14SSBなどと2基のリグは休むことなくサービスを続けていました。翌24日もJAでは夜20時前に14CWで強力な信号を送り込んできました。一昨晩23日のパイルの厚さとは比較にならないほど簡単にコールバックがありました。
 
その時点ではすでにUA3AKOメッセージは発信済みであり、「Because of bad weather in the region activation EU-160 is not possible at this time. Very windy and rainy, big waves on the sea. The temperature is about +3 C. The team RI0PT plans to stay on the island Bol'shoy Chaichiy another 4-5 days and will QRV in IOTA  contest.」と、このままEU-188に留まりIOTAコンテストにも参加するとの発表でした。たいへん残念です。
 
さらに、EU-188での最初のオンエア予定であったTimanets Islandを取りやめIOTA Directoryに掲載されていないBig Chaichiy IslandからQRVしました。両方の写真を入手しましたが、前者のTimanetsはあまりにも小さな島で驚きました。30メータ四方くらいの岩場で頂点5メータくらいに櫓を組んでいるだけの島のようでした。悪天候には弱い感じでした。
 
写真はあくまでも晴れている日に取ったものが多いようです。これで判断したのでしょう。いたし方ありません。RI1PTのTの字はTimanets Islandの頭文字から取ったものですが、結局のところ異なってしまいました。
 
一方、Big Chaichiy Islandの写真もありますが、面積は大きいようですが、詳細は不明です。現在でも情報不足です。GoogleMap系の衛星写真では見つけることはできませんでした。(TimanetsもBig Chaichiy Islandも見つけることはできませんでした。なんだか変です。)
 
いまからでも十分にEU-160へ行ける時間と距離ではありますが、海が荒れるとそうはいかないのでしょう。ウエブ中のモーターボートとEU-160 Chaichiy Islandの写真を諦めきれずに見てため息をついています。(笑い)
 
これらの反省に基づいた新しいIOTA chasingの楽しみ方(案)です。
 
Photoまず、大局を知るための地図を準備ことです。EU-160やEU-188の位置を正確に知ること、距離感を養うことが重要です。マップはバレンツ海の地図です。西端のスカンジナビア半島の反対側にロシアのコラ半島があります。その内海が白海です。その白海の出口東側にカニン半島が突出しています。
 
このカニン半島の周りの小島がEU-160 Barents Sea Coast group 24.0%で、①Chaichiy、②Korgaの二つの島を持っています。過去のQRVは4K3/RA3YG、RA1QKI/1、RA1QQ/1、UA1QV/1と4回のみです。これですね。
Eu160
 
 
一方、このカニン半島に東側海岸一帯がEU-188 Pechorskoye Sea Coast West group 30.8%で、存在する島が①Sengeyskiy、②Timanetsです。過去のアクティベーションはRA1QQ/1、UA1QV/1、UE1RCV/1の3件です。
Eu188
 
と、①過去のアクティベーション局の状況をさらに掘り下げて調べる。②ペディション実行期間の天気情報を詳細に調べる。もちろん③Propagation予測などを調べて加える。④上陸する島を徹底して調べて分析する。⑤その他(過去のぺディショナーよりのアドバイスなど)
をペディション発表時にすぐに調べると非常によいと思いました。
 
ご一緒に携わっていただける方はおられませんか。Facebookのコミュニティ的な使い方なども研究しても良いかもしれません。現地ハム局をメンバーに入れられるくらいになるときっと素晴らしい支援グループが出来上がると思います。

« NA-039 KL7 Andreanof Islands 24.2% しらべ | トップページ | NA-169 W7T Waadah Island QRVing on IOTA contest 2015 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-039 KL7 Andreanof Islands 24.2% しらべ | トップページ | NA-169 W7T Waadah Island QRVing on IOTA contest 2015 »