World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« NA-019 KL7 Kodiak group 38.5% しらべ | トップページ | OC-177 YF1AR/0 plan(7/16-21)その2 »

2015年7月16日 (木)

NA-053 KL7 Trinity Islands 20.8% しらべ

NA-053 KL7 Trinity IslandsはNA-019 Kodiak Islandの南側10kmに位置しています。IOTA Directory上では次の2島です。
 
Na053_map1
 
Sitkinak Island 無人島のようです。しかし、島の中央にMark Lakeという湖がありますが、その北側に滑走路と構築物1軒を確認できます。
Tugidak Island 無人島です。リアス式海岸ではなく、砂浜があります。
 
Na053_map2 
Past Activationを確認します。
10 NA-053  Trinity Islands 20.8%
1 KL7AF/P (Apr 90) QRZ.com Sitkinak Island
2 KL7AK/P (Aug 01) via N6AWD     Sitkinak Island 
3 KL7DND - 
 
やはり、Sitkinak IslandからのQRVが多いです。Anchorage空港から航空機でくるのでしょう。
 
MY QSLです。(Worked 2001.08.05, Sent 08.12 US stamp, Rcvd 10.24)
 
Na053_kl7akp_sitkinak_f
 上のリストの2番目の2001年分、KL7AK/Pと交信できています。KL7AK、WL7QC、K9PPYの3人で実行しています。あらためて見るといろいろな発見につながります。
 
Na053_kl7akp_sitkinak_b
8月10日 1005z、11日1011zに14MHzCWとSSBにて交信できています。他のバンド、モードは聞こえなかったようですね。ここにはかなり詳しいこのオペレーションの説明がありました。要約すると、①1950年に建てられたUSCG LORAN stationからオンエアしたとあります。アンテナはモズレーのMini33 beamとVerticalを使ったそうです。
 
道理で私のところからもFBレポートを貰えたわけです。ビームを使っていただけるとありがたいですね。きっと、滑走路わきの構築物らしきものがLORAN stationであると思われます。
 

« NA-019 KL7 Kodiak group 38.5% しらべ | トップページ | OC-177 YF1AR/0 plan(7/16-21)その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-019 KL7 Kodiak group 38.5% しらべ | トップページ | OC-177 YF1AR/0 plan(7/16-21)その2 »