World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« AS-082 Brusneva Island R3RRC/0のリーダーRZ3ECの紹介 | トップページ | OC-276 YB9Y QSL回収支援レポート »

2015年7月 3日 (金)

OC-237 YE3IOTA Sempu Island

7月25-26日に開催されますIOTA contestにOC-210 YC8ROPに続いて二つ目のYB-IOTAのエントリがYB3MM Adhiさんよりありました。
 
Dear All,
Would like to inform that special callsign YE3IOTA will be on the air from Sempu Island OC-237 on 24 ~ 26 July 2015 including RSGB IOTA Contest.
3 stations will be prepared for this activity. Mainly SSB and some CW.
Total operator will be more than 10 persons, but most of all are beginner for IOTA-pedition, DX-QSO and contest.
So please be kindly patient when the responses from us is not so fast.
QSL is via bureau, direct or via YB3MM
 
See you on the air, 73.
Adhi YB3MM
 
昨年2014年はNusantara Awardの勢いでかなり多くのYB局が参加すると思われましたがわずか1局のみでした。まあ、2局ですね。それでも良いでしょう。お金が動き過ぎるペディションではなく、シンプルにインドネシアのハム全員がご自分の住む島やそのQTHの向かいや近隣に位置する島へ本当にピクニック感覚でIOTAコンテストにたくさん参加することが、インドネシアのアマチュア無線界の発展に繋がるものと思います。
 
Oc237_sempu_island_1ジャワ島の南東部に位置しています。スラバヤ市から近い位置です。
 
Oc237_sempu_island_2
ジャワ島本土にかなり近いので最接近部の距離をはかりましたら275mでした。皆さん、お声掛けをお願いいたします。
 
ところで、IOTAコンテストデータをIOTA申請に使用できますが、Nusantara Awardには使用できないと思われます。至急の改善が必要でしょうかね。ハイ

« AS-082 Brusneva Island R3RRC/0のリーダーRZ3ECの紹介 | トップページ | OC-276 YB9Y QSL回収支援レポート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-082 Brusneva Island R3RRC/0のリーダーRZ3ECの紹介 | トップページ | OC-276 YB9Y QSL回収支援レポート »