World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« YB8RW IOTA Tour of Southern China Ocean Islands 2015 | トップページ | AS-203P Dobrzhanskogo Island RT9K/0 info (2015.09.03) »

2015年9月 2日 (水)

2015 Russian Arctic Coast Expedition by UA4WHX その2

UA4WHX VladのR1地区活動が激しく動いています。DX-World.ntと各コールサインのQRZ.comに続々と情報が書き込まれています。QRZ.comの方はVlad本人が書き込んでいるようです。
 
 
この中でも次の情報がポイントです。 
 
 4つのコールを使い分けています。RI1POLはMikhail Somov号の船の中からQRVです。http://www.dx-world.net/2015-russian-arctic-coast-expedition/#more-61499EU-086 Vaygach IslandはRI1PV/Pを使うとRI1PVのQRZ.comで報告しています。
 
RI1PVBはロシア本土の海岸に位置する村や町からのQRVするようです。Mikhail Somov号からヘリコプターで目的地へ移動します。
 
毎日情報が変化していますのでチェックされることをお勧めします。
なお、EU-085 Kolguyev Islandには住人がいました。10軒ほどの村があるようです。子供が自転車に乗って遊んでいる写真をGooglemapで見つけることができました。
 
QSLカードは恐らく昨年のツアー同様にOQRSで対応するでしょう。1枚請求が3USD、1枚加算するごとに1USD加算というやりかたになると思います。全部終了してアナウンスされるはずです。私はEU-160を狙っています。ここはヘリコプターが着陸できるほどの大きさの島がないかもしれません。しかし、期待しています。

« YB8RW IOTA Tour of Southern China Ocean Islands 2015 | トップページ | AS-203P Dobrzhanskogo Island RT9K/0 info (2015.09.03) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB8RW IOTA Tour of Southern China Ocean Islands 2015 | トップページ | AS-203P Dobrzhanskogo Island RT9K/0 info (2015.09.03) »