World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« RI0BVを追いかける(2015-09-08) | トップページ | RI0BVを追いかける(2015-09-09)その2 »

2015年9月 9日 (水)

RI0BVを追いかける(2015-09-09)

2015年9月8日の日本時間16時33分に14005においてR00BVBのクラスターレポートがアップロードされました。周波数が14007へ動き、午前0時を過ぎた10103でサービスを終えました。残念ながらQTHの報告はありませんでした。

 
QRZ.comやDX-World.netでのアナウンスもありませんでした。
 
R1エリアではロシア本土側の使用コールサインがR11PVBを使用し、IOTAに絡む場合はQRZ.comとDX-Worldでアナウンスが事前にありましたので恐らくロシア本土からのQRVであると予測できます。No IOTAだったと思われます。
 
2015年9月9日 午前6時ころの船の位置です。
R00bvb_201509090600
AS-121 Nordenshel'da ArchipelagoのRusskiy Islandのすぐ横に停泊しているように見えます。なかなか難しいところですが、停泊してもヘリコプターの出動があるとは限りませんが、RI0BV/PなどのコールでIOTAから出てくるかもしれません。
 
島からの運用はQRZ.com(R00BVB, RI0BV)やDX-Worldでアナウンスされると思います。

« RI0BVを追いかける(2015-09-08) | トップページ | RI0BVを追いかける(2015-09-09)その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« RI0BVを追いかける(2015-09-08) | トップページ | RI0BVを追いかける(2015-09-09)その2 »