World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« YB8RW/5 next | トップページ | RI0KVを追いかける(2015-09-23) »

2015年9月22日 (火)

RI0KVを追いかける(2015-09-22)

2泊3日で鹿児島へ行っていました。夕方戻りましたがRI0KVを使われた形跡もなく、R00KVBがロシア本土からでたとのクラスターレポートに安堵してしまいました。すぐに船の位置を確認しました。

AS-027 Wrangel Islandしかないと思います。その理由は、①過去の実施IOTAはある程度大きな島であること。②外敵から身を守って無線ができる避難小屋があること。③UA4WHXの航海もほとんど終わりがけであること。
から予測できると考えました。
 
現在、船は止まっているようです。きっと明朝に動き始めます。AS-027に近づくでしょう。

« YB8RW/5 next | トップページ | RI0KVを追いかける(2015-09-23) »

コメント

お帰りなさいませ。
本日午後、R00KVBのQRT後、船が北上を始めました。
DX WorldもAS-027を候補にあげていますね。
ま、蚊帳の外ですので・・・。

サラリーマンにはとてもつらいQRVですよね。
アパマンハムにもたいへんつらいQRVです。ほとんど14005を聞きっぱなしですぐに見つけ出しますが、明るいうちは全く聞こえません。JA各局の交信を聞いているだけです。
私のところは北側はマンションに塞がれている環境のためにこのようなのでしょう。9月18日のRI0QV/P AS-029は午前11時過ぎにすぐに臨戦体制に入りました。しかし、まったく聞こえずに時間だけ経過しました。14005にいることはわかっているのですが、風呂、メシ、トイレ、そしてウォーキングで抜けた以外はほとんどワッチしていました。
神様が努力を認めてくれてのでしょう。就寝時間の午後10時を1時間近く経過した10時50分頃に1分ほど信号が聞こえ、間隙をぬってRZMのバックがあり交信できました。とにかくたいへんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB8RW/5 next | トップページ | RI0KVを追いかける(2015-09-23) »