World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« RI0KVを追いかける(2015-09-27) | トップページ | RI0KV/Pを予測する »

2015年9月28日 (月)

RI0KVを追いかける(2015-09-28)

昨夕にSomov号とともにRI0KVをQRTし、AS-027 Wrangel Islandを発ったと思われましたが、クラスターレポートでは夜中じゅうサービスを続けていました。Somov号のマップもデカルト図法表示であり、距離カウントがしづらいためにSマークをマップの目印位置にセットして北西への移動を確認していました。

Ri0kv_20150927_2100z
たいへん判断しづらい距離で停泊しています。Somov号はWrangel Islandから相当にはなれました。RI0KVは島にいます。ヘリコプターはどちらにあるのでしょうか。船にあるならばUA4WHXは他の方法で帰路に着くでしょう。島にあるならば間もなく船に戻ってSomov号による西方向の旅を続けるでしょう。
 
なお、出発から現在までのコールサインごとの日程、IOTAなどをまとめた情報が「425 DX News #1273」に詳細にまとめられていますのでご参考ください。
 
【追記】
RI0KVのQRZ.comに次のメッセージが加えられていました。
 
「RI0KV  = AS 027, Wrangler Island.
 
Time frame  of activity - a few days while MSV Mikhail Somov is around the island with a 2 week research project.
 
RI0KV/p = other island QTHs within R0K area.
 
6736334 Last modified: 2015-09-26 00:29:05, 223 bytes」
 
土曜日の夜中に書き加えられていました。
Few daysですから今日28日くらいまでSomov号は2週間のWrangel Island廻りの調査を行い、再びR0K地区の他の島からRI0KV/Pを使用してサービスするとのことです。まだまだR0KエリアのIOTAから出てきそうです。

« RI0KVを追いかける(2015-09-27) | トップページ | RI0KV/Pを予測する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« RI0KVを追いかける(2015-09-27) | トップページ | RI0KV/Pを予測する »