World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-177 YF1AR/0 Pari Island plan(2015.09.19-20) | トップページ | RI0QVを追いかける(2015-09-18) »

2015年9月17日 (木)

RI0QVを追いかける(2015-09-17)その2

この朝からAS-028 Kotel'nyy IslandよりQRVを開始しました。しかし、船は2015年9月17日0630Z(日本時間午後3時30分)過ぎに島から離れはじめました。

 
Ri0qvAS-121の時も無線局RI0BV/0を島に残して船はAS-042へ向かいました。しかし、しばらくしてAS-121 RI0BV/0を閉局し船に追いつきました。今回もその可能性が高いです。いまだに14005でクラスターレポートが上がっています。長くても2-3時間の運用で終わると思われます。
 
UA4WHXの今回のIOTAサービスは6-9時間程度のQRVの傾向です。じっくり腰を据えてサービスする運用形態ではないようです。
 
【追記】(2015年9月17日18時45分JST)
2015年9月17日0900Z(日本時間1800JST)過ぎにはRI0QVは14005からいなくなりました。予想通り遅れてヘリコプターで船に戻ったようです。船はAS-028 Kotel'nyy Islandからかなり南下してAS-029のエリアに入りました。私はこちらのIOTAの方が欲しいのですが。
As028_ri0qv

« OC-177 YF1AR/0 Pari Island plan(2015.09.19-20) | トップページ | RI0QVを追いかける(2015-09-18) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-177 YF1AR/0 Pari Island plan(2015.09.19-20) | トップページ | RI0QVを追いかける(2015-09-18) »