World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« R0-IOTA wanted list 2015作成にご参加ください | トップページ | ウエルカム 野暮用 for IOTA chasing »

2015年11月23日 (月)

11月22日 NA-019 Kodiak IslandとのSkedは失敗

2015年10月28日に第1回、11月1日に第2回、11月8日に第3回のIOTA NA-019 Kodiak IslandとのSkedを組み、JAの5局が交信に成功され、まだ10局ほど残っていました。昨日、KL2LRとしっかり打ち合わせをして、朝7時30分からのSkedに臨みました。

 
開始前にバンドをワッチしましたら、21MHzSSBでW6がかなり強く入っていましたので「今日のSkedは21MHzで完了だ」と思いました。第4回目はKL2LRが主導権をとって運営してもらいました。最初は14MHzのPSKでした。内容はわかりませんがJAから呼んでいる音が聞こえました。
 
14MHzSSBへ移って「さあ、聞くぞ」というときにメールがKL2LRより着信しました。
 
「今日はコンテストで、周りのKW局がたくさんQRVしてQRMM状態だ。12月6日に延期したい」との内容でした。周波数を移動してやってほしいなどの対応も考えられましたが、メールの着信に時間がかかっているためにKL2LRの指示に素直に従うメールを返信しました。
 
続いて、Sked参加局へ延期のお知らせメールを発信しました。全員が交信完了することは難しいとは思っていましたが、シャットダウンの状態でした。
 
喜んだのは我妻です。日曜日の午前中は安売りの買い物へ行けることになり、10時半に買い物へ私の運転で終わらせました。上記の第1回目から連続して毎週日曜日の午前中を取ってしまい、午後に買い物に行くと売り切れ続出とのことでした。昨日は売り切れにならずほくほくしていました。
 
KL2LRと早急に12月6日の第5回目のSkedの準備を行います。
また、NA-041とNA-059のKL7-IOTA固定局も至急に調整いたします。
 

« R0-IOTA wanted list 2015作成にご参加ください | トップページ | ウエルカム 野暮用 for IOTA chasing »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« R0-IOTA wanted list 2015作成にご参加ください | トップページ | ウエルカム 野暮用 for IOTA chasing »