World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« IOTA-KL7とのSked、3回目のチャレンジ結果 | トップページ | NA-055 AK1L Vinalhaven Islandの紹介 »

2015年11月 2日 (月)

My IOTA QSL card 回収進捗状況(2015.11.01)

IOTAのWorkedが701になりましたが、焦げ付きが2件ありますので699を回収可能です。現在のConfirmedが692です。2016年1月末の年次リストに向けて数件の新規交信と7件の回収に全力傾注です。その7件の状況をお知らせします。

 
①NA-070 KL7NWR Amchitka Island
2015年6月10日に交信し、6月13日にSAE+2IRCにて投かん。当初9月に処理とKL2HD Jeffは言っていました。遅延のため、連絡しましたところ、UX5UO Printerからカード到着待ちとのことです。遅くとも11月中には到着します。
 
②EU-063 JW2US Hopen Island
2015年7月29日交信。8月3日にOQRSにて2.5USDを送付。当ブログでも紹介しました通り、12月初めに帰国する予定が10月初めに戻ったとありましたので、早ければ11月中に届く可能性ありと紹介しました。数日後に10月初めに戻ったという追加メッセージが削除されました。2016年1月初めになるかもしれません。
 
③NA-248 VY0M Melville Island
2015年8月11日交信。8月17日にドネーションとともにSASE請求。Latest Newsに
「October 31, 2015 - All direct QSL requests have been answered
Once again, I wish to use this opportunity to thank everyone who supported this project.」と、メッセージが掲載されました。10月30日にダイレクト分をすべて発送したそうです。早い局は今週に届くでしょう。
 
④AS-203 UA0ZC/P Dobrzhanskogo Island
RT9K/0を優先に考えていましたが、OQRSが動かず、UA0ZC/Pを9月19日にOQRSにて請求しました。すでにQSLカードもマネジャに届いています。11月中には届くでしょう。
 
⑤EU-085 RI1PV Kolguyev Island
⑥AS-029 RI0QV/P Big Lyakhoyskiy Island
⑦AS-028 RI0KV Wrangel Island
10月16日に5USD+small donationを送付し、受領しましたとのメールをいただはました。メールにはFew monthsお待ちくださいとありましたので、2~3か月に期待しています。一般的にはUA4WHXの過去のQSLingは7か月くらいから届き始めています。
 
このUA4WHXからの3IOTA受領と、あと1件のNew IOTA獲得がIOTA700達成の大きなハードルです。以上、私の回収状況報告です。ご参考ください。

« IOTA-KL7とのSked、3回目のチャレンジ結果 | トップページ | NA-055 AK1L Vinalhaven Islandの紹介 »

コメント

700クリアーしたいですね。
Vladからは具体的に「Give me 3 months to QSL.」と返信をもらいました。
IOTAの1月末締め切りを意識していますね。
しかし、手書きログもありそうだし、QSLは手書きだし、大変でしょうね。

お言葉ありがとうございます。Vladの情報もありがとうございます。あなたの3つのIOTAはMy 698th,699th and 700thですとお礼を申し上げました。可能ならばいの一番に送ってくれることをさりげなく狙っています。(笑い)
アフリカの時も50USDを送りました。その前はアフリカに行くときに日本製のリグの情報などを送ったりもしています。
奥様が手伝っていますのでSmall donationはたいへん効果的だと思います。(笑い)

VY0Mのカード、本日到着しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-KL7とのSked、3回目のチャレンジ結果 | トップページ | NA-055 AK1L Vinalhaven Islandの紹介 »