World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« NA-062 W0JLC/4 Marathon Islandの紹介 | トップページ | NA-052 K5MI Marco Islandの紹介 »

2015年11月10日 (火)

UA4WHX北極海ツアーのQRZ.comを再確認しましょう

8月下旬から10月下旬までの2か月間をMikhail Somov号にてロシアの北極海沿岸を移動してくれましたUA4WHXに感謝するとともにあらためてQRZ.comを再確認していただけるとありがたいです。

 
すでにQRZ.comもすべて整理されています。写真なども区分され、2か月間の行動を確認することができます。合計で8つのコールサインが使用されました。
 
①RI0POL – Operations aboard MSV Mikhail Somov only.
   船からのQRVはR1/R9/R0のエリアに関係なく子のコールが使われています。
②RI1OV – Novaya Zemlya EU-035 and Morzhovets EU-119
 結果として、このコールは使用されませんでした。当然、EU-035/119はNo QRV。
③RI1PV — Kolguyev Island EU-085
 6時間のQRVでした。
 
④R11PVB – Operations from the villages of Khodovarikha & Belly Nos.
 二つの村からQRVしました。
⑤R00BVB — Operations from coastal areas of  Dolgano-Nenetsky region.
 
⑥RI0BV — AS-005, RI0BV/P — AS-042, RI0BV/0 — AS-121
 AS-005/042は大サービスでした。AS-121は3時間ほどのQRVでした。
⑦RI0QV — Kotelnyy Isl. AS-028, RI0QV/P –  Lyakhovskiye AS-029
 この二つのIOTAもしっかりとサービスしてくれました。
⑧R00QVB – Operations from coastal areas of Sakha Republic.
 
⑨R00KVB - QRV from Valkarkay Polar Station and port town of Pevek
 
⑩RI0KV - QRV from AS-027 Wrangel Island.
  AS-027を大々的にサービスしてくれました。
 
それぞれのQRZ.comには詳細情報と多くの写真が掲載されています。初物写真も数枚ありました。ぜひ、ご確認ください。
 

« NA-062 W0JLC/4 Marathon Islandの紹介 | トップページ | NA-052 K5MI Marco Islandの紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-062 W0JLC/4 Marathon Islandの紹介 | トップページ | NA-052 K5MI Marco Islandの紹介 »