World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« R0-IOTA wanted list 2015の配布を開始しました | トップページ | R0-IOTA wanted list 2015の反応1 »

2015年12月 3日 (木)

NA-234 KL7DX 2008 Videoから見るRRCメンバーの関係をしらべる

R0-IOTA wanted list 2015の完成に伴い、過去に実施されましたデータを調べてみました。まずは、2008年7月に実施されましたNA-234 KL7DX Chuginadak IslandのYouTubeにおいてUA9OBAの動向を確認して調べてみました。

 
N3QQ YuriさんやUA9OBA Yuriさん等で実施しました。私はJA friendの支援をいただき、2008年2月から実行支援を行いました。翌年からKL7RRCのコールに変更され毎年アラスカのIOTAからオンジエアされ続けています。
 
上記YouTubeの最後の画面にお宝を見つけました。
Na234Videoのエンディング部分です。これを拡大した画面を以下に記載します。
 
Na2342上3人が、NA-234 KL7DXのオペレータです。その次の「Thanks for the help;」の中に、RZ3EC Eugeneさん、W5BOS Lannyさん、JN6RZM私、そしてNA-059に住むNL8F Timさんのコールが並んでいました。今回のKL7-IOTA並びにR0-IOTA wanted listの中で活躍されている局がここに集約されていましたので驚くやら納得するやらです。たいへん重要な情報と思いました。
 
さらに、この画面の少し下にKL2HD JeffさんもChuginadak Islandへの上陸許可への協力者としてコールが出てきました。昨日、KL2HDから届いたNA-070 KL7NWRのQSL到着をご報告したばかりです。
 
これだけ大きなイベントにご活躍される方々がやはり、集約してくるのだと今更ながら発見して驚いてしまいました。
 
近年のKL7RRCの運用はNL8F Timさんが中心となって実施されています、昨年はこのNA-234 Chuginadak Islandの2回目のペディションを予定していたそうですが、2016年に延期したと言っておりました。
 
交信済みの局もおられると思いますが、5か月間のお世話をしましたが、なんと私は交信できませんでした。2016年夏のKL7RRCのQRV実現を強く支援するつもりです。

« R0-IOTA wanted list 2015の配布を開始しました | トップページ | R0-IOTA wanted list 2015の反応1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« R0-IOTA wanted list 2015の配布を開始しました | トップページ | R0-IOTA wanted list 2015の反応1 »