World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« VE7ACN/7の使用Antenna on NA-051 | トップページ | OC-075 YE5XY Batam Island Sked 開始 »

2016年3月20日 (日)

AS-056 JA8COE/6 Danjo Islands plan 7

予定より5時間遅れの2016年3月19日午後10時に7024にてJE3AGN梅田さんが交信されクラスターアップされました。残念ながら6エリアからは近すぎてスキップ状態で聞こえませんでした。3月20日の早朝は18MHzCWとSSBでサービスされましたが8エリアが多かったようです。

 
そして、20日午後3時まで約6時間の沈黙後に21005にてQRVが再開されました。EU方面、ASと国内が主でup1でサービスが続いています。
 
17日の夜に届かない局、弱い局ほどCWでのQRVを待っているお話をしましたが、期待以上にCWの方をメインに運用されています。残念ながら現地とネットではつながりませんが、高橋さんがおっしゃっていましたQSLカード発行要領をお伝えします。当日、名刺代わりに過去分のQSLカード8枚をいただきました。
 
①ログをもとにQSLカードの印刷発注にはいられます。以前はオノウエプリント、最近はLZ3HIを利用されています。
②QSLカードが印刷所から届いたらすべてプリントされます。LZ3HIのカードは4~5QSOをプリントできそうです。シール利用かもしれませんが、おそらく1局1枚で収まりそうです。つまり、QSO数ではなく局数+30くらい発注ではないでしょうか。
 
③運用終了から3か月までに届いたOQRSやSASEは印刷済みQSLカードから抜きとって返信するそうです。
④概ね3か月後には残ったQSLカードをJARLへ送付して終わるそうです。
⑤あとは個別対応になりますが、ほとんどないそうです。
 
どうぞ、大切な交信証明であるQSLカードを上手に回収なさってください。その前に交信しなければいけませんね。皆さん、頑張ってください。
 
Dsc00129_3高橋さんから名刺代わりに頂いた8枚のQSLカードデータ面。左の4枚はオノウエ製、真ん中の1枚か自家製、右の3枚はLZ3HI製です。作り方にもかなり工夫されています。

« VE7ACN/7の使用Antenna on NA-051 | トップページ | OC-075 YE5XY Batam Island Sked 開始 »

コメント

厳しいですね。朝は聞こえず。今は21.005 319-519  QSBの谷間では聞こえず。
聞こえないので呼べず、呼んだあとは聞こえず・・・・    

15時過ぎに21005で出てきたときは国内も結構できていたようです。タイミングが合わないと厳しいですね。7メガで国内サービスをして欲しかったですね。9時から3時まではQRVがなかったので帰ったのかもしれないと思いました。
 
昨晩の7メガ、この朝の18メガ、15時からの21メガとすべて私のところからはスキップ状態です。

10.142 RTTY は 15mの信号とはまったく違って 599です。多分 この周波数でJAの要求は満たすのではないか?と思うぐらい強い信号です。

3/20 19時現在 10MHZ RTTYでQRV中。
10mH ダポールで59+20db強力です

21cwでは、全く聞こえませんでしたが、今まさに10.142 RTTYでパイルを捌いておられます。まさか、ここにQRVされるとは予想していませんでした。

え? RTTYですか?
なんでしょうか。何か機材の不具合もあるのかも知れませんね。
コンテストを避けているのかも知れませんね。
12:00Zで、コンテストも終わりますので、その後の注目ですね。

W2FBからも今RTTYでできたとレポートが入りました。どうせならCWでやればよいのにと思います。どなたが未交信なのかわからず進んでいます。多分、こんばんは徹夜で運用される可能性が高いと思います。

平田さん、おはようございます。
初日19日の夜10時過ぎの7024でJH3GFAがコールされているところを聞いていましたが、JA8COE/6の信号は聞こえないままでした。昨日20日早朝の18MHzCW/SSBもJA8が中心で聞こえませんでした。昼間に7メガでサービスと期待しましたが、再開は15時からの21005でした。スキップして弱い信号でしたがコンテスト局のQRMM状態でした。その後の14085も聞こえず。10142のRTTYはかなり強て信号をコピーできましたが、RTTYはやっていないのでご本人の信号なのか未確認のままで終わりました。
 
お会いしてリストやメッセージコピーを手渡しましたが、JP3AYQ JA4-4665/1 W2FB VE3VHBのお申し出がありました。W2FBは10142RTTYでJAのパイルを抜いて1.5upで交信できたと大感激のメッセージをいただき、私も感激しました。W2FB SteveはNusantara Awardを通して友人となり、JA-IOTAの中でAS-030、AS-037、AS-056のサポートを3年くらい前から依頼されていました。今回、高橋さんにお会いした目的の一つにW2FBからの強い依頼があったからです。
 
残念ながら、高橋さんの運用方法等に関しましては私はわかりません。CWのQRVを世界中の弱い局のために増やしてほしいとお願いしたくらいです。ネットは繋がらないと思っておりました。
予定通り、日本時間21日午前7時にQRTされて引き上げられたことでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VE7ACN/7の使用Antenna on NA-051 | トップページ | OC-075 YE5XY Batam Island Sked 開始 »