World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« YB-IOTA QSL card回収支援一区切り | トップページ | R3CA/9 The Great Northern Way 2016 その4 »

2016年3月31日 (木)

AS-104 R3CA/9 Kolchak Island クラスターデータからの予想

2016年3月31日にAS-104 Kolchak IslandからR3CA/9のコールでオンジエアすることがアナウンスされていますが、既に実施されたAS-005とAS-068のクラスターデータは次の通りです。

 
R3CA/9        16/03/20 1216Z  14260.0 CQ. ASIA-005                    RD0B
R3CA/9        16/03/20 1258Z  14260.0 IOTA AS-005 up-5                RA6ATZ
 
R3CA/9        16/03/26 0518Z  14130.0                                 RV9CX 
R3CA/9        16/03/26 0649Z  14260.0 as-068                          RV9CX
R3CA/9        16/03/26 1307Z  14260.0 up 5 AS-068 qrt soon            DK8MZ
 
3月20日のAS-005はわずか40~50分であったことが分かります。現地時間の夜8時台です。
 
3月26日のAS-068は面白い特徴を見つけることができます。ロシア本土では14130を使い、島に到着した途端に14260へQSYしています。しかもRV9CXとやりとりしながら本土からAS-068へ移動したことが分かります。当然、RV9CXが第一報をuploadしています。
 
そして、AS-068の滞在時間はわずか6時間強です。おそらく移動車に取り付けたWhip antennaからのオペレーションではないでしょうか。最終報告局のDK8MZのアンテナは次の通りです。
Dk8mz_spiderbeam_25mSpiderbeamとあります。
 
現地時間のお昼から夕食前までのオペレーションだったようです。命にかかわる危険性がありますので、別途アンテナをあげたり、下げたりは恐らくしないのでしょう。かなり厳しいチャンスです。日本時間午後3時から約6時間ほどの戦いでしょう。

« YB-IOTA QSL card回収支援一区切り | トップページ | R3CA/9 The Great Northern Way 2016 その4 »

コメント

R3CA/9 (AS-104)の信号強くなってましたね!
もう少し強くなるまで待つべきか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YB-IOTA QSL card回収支援一区切り | トップページ | R3CA/9 The Great Northern Way 2016 その4 »