World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« YB9BUの復活を願って | トップページ | UA4WHXのQSLing 北極海関連 »

2016年3月 9日 (水)

AS-118 9K2F Failaka Island 2016

交信してQSLカードを得るとほとんど興味を失ってしまうのがIOTA chasingの常ですが、DX-World.netに表題のAS-118 Failaka Island 9K2Fが1週間遅れて本日9日から15日までQRVするとのメッセージがでていました。

 
9K2HN, 9K2RR, 9K2OK, 9K2NO, 9K2HR + others will be active as 9K2F from Failaka Island AS-118 between March 9-15, 2016.
 
QRV on HF bands, CW/SSB/RTTY.
 
QSL via 9K2HN.
 
9k2f1 
調べてみるとここ数年は毎年春にペディションが行われていますので多くの局が交信されていると思われます。IOTAクレジットも40.9%とかなり高いです。逆に考えますと未交信局は比較的取りやすいと考えてもよいでしょう。
 
実は私もアパマンアンテナで簡単に交信できていました。
Img066
 
Img0671999年4月26日午前7時38分にSSBで59をもらっていました。ゴールデンウイーク前の月曜日の会社に出かれる直前の交信でした。異様なほど強い信号で湾コールで交信できましたので、Pirateと勘違いするほどでした。
 
この17年間には私のマンションの周りに多くのマンションが建ってしまい環境はかなり悪くなりましたが、未交信の方にはチャンスがありそうです。そこで、さらにGooglemapで調べてみました。
 
9k2f0Kuwaitの沖にポツンと位置しています。
 
9k2f1_2完璧に有人島です。町が形成されています。恐らく宿泊設備もあるでしょう。電気、水、食料、風呂なども充実していると思われます。
 
9k2f2
古い遺跡や新しい建物、海水浴場、イスラム教のモスク、港湾施設などが散見できます。多分、メールなどが通じると思われます。未交信局でメールアポイントを取ってみてはいかがでしょうか。

« YB9BUの復活を願って | トップページ | UA4WHXのQSLing 北極海関連 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YB9BUの復活を願って | トップページ | UA4WHXのQSLing 北極海関連 »