World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« AS-056 JA8COE/6 Danjo Islands plan 7 | トップページ | NA-065 KL7QK Shaw Island の終了報告とアンテナ写真 »

2016年3月21日 (月)

OC-075 YE5XY Batam Island Sked 開始

先日、当ブログにて表題のOC-075 YE5XY Didinさんとの交信希望者を募りましたところお一人おられました。早速、Skedの申し込みをすることにしました。

 
OC-075はそんなに珍しくはありませんが、目的はこれから5年、10年と経過する中でIOTAを新しく始められる局のために、OC-075をNew oneとして供給していただける環境を作ることです。QSLカードの保有、Batam Islandの島名表記、PayPalアカウントの保有などを確認します。
 
19日土曜日の朝の最初のメールは1時間後にご返事がありました。早速、夕方にSkedを組みました。また、交信希望のJA4のOMさんがQSLカード交換を望まれているがQSLカードは送ることができるかとの確認のメールを送りました。
 
これも1時間後くらいにメールが届き、なんと添付ファイルにJA4のOMさんのコールが入ったQSLカードのPDFファイルが添付で送ってきました。記載内容は十分でしたが、OC-075 Batam Islandの島名、IOTA番号はありませんでした。しかし、住所に「Batam」と印刷されており間違いなくIOTA申請に使えます。
 
QSOデータまで入っていたのでQSLカードの使い方や目的を勘違いされている可能性がありますので、これからアドバイスしていきます。残念ながら19日、20日ともに予定の時間、周波数には出てこられませんでした。昨晩は3時間遅れでメールが届き、携帯電話に電話を欲しいとメールがきました。
 
本日21日夕方に再チャレンジです。19日土曜日の1030UTCくらいに21275で出ていたYE5XYを聞きました。57くらいでしたので十分に交信できると思います。JA8のOMさんがCWを希望されましたが、YB局はあまりCWをしませんので、まずはSSBでトライして欲しいと思います。
 
Photo
PDFファイルで送られてきたファイルです。コールサインは一番最後に名前の後に小さくあります。住所の中にBatamとあります。IOTA NO: OC-075もあります。
 
ところがQRZ.comにはQSLはe-mail/Directとありますので、おそらくQSLの発行をメールの添付で可能と考えられているかもしれません。正しい運用をアドバイスしたいと思います。
 
【追記】
従来、YBのメール利用はプロバイダのシステムが脆弱でせっかくQRZ.comにメールアドレスがあっても連絡しづらい傾向がありました。2年ほど前から多くのYB局がFacebook利用に切り替え、Facebookのメッセージを利用するようになりました。
 
このYE5XY DidinさんはGoogleのgmailを利用しているせいかメール交換に関しましてはたいへんスムーズに利用できているようです。しばらく様子を見ますが、インドネシア国内のプロバイダ利用からgmailを使った利用が多くなると思われます。
 
もちろん、中国はGoogleの利用禁止の措置を取っていますのでgmailは使えないのでしょうね。
 

« AS-056 JA8COE/6 Danjo Islands plan 7 | トップページ | NA-065 KL7QK Shaw Island の終了報告とアンテナ写真 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-056 JA8COE/6 Danjo Islands plan 7 | トップページ | NA-065 KL7QK Shaw Island の終了報告とアンテナ写真 »