World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« R3CA/0を追いかける (24th Apr 2016) | トップページ | R3CA/0を追いかける (25th Apr 2016) »

2016年4月25日 (月)

AS-163を調べる

いよいよ数日後にはR3CA/0チームが14年ぶりにAS-163  Laptev Sea Coast East groupに到達し、運用の可能性が出てきましたのでAS-163を調べました。まずはRSGB IOTA websiteから。

 
Information on AS-163
Group Name: Laptev Sea Coast East group
Claimed by: 12.3% of participants.(2016年版に更新されています)
Main prefix: R0Q
Location: 71.22N - 72.92N / 132.50E - 142.50E
DXCC: ASIATIC RUSSIA
Group Contains:
Makar
Yarok
 
IOTA Directoryに登録されている島はこの二つです。
AS-163のマップを作成してみました。
 
As1632日後くらいに左端あたりに現れてくるでしょう。まずはニシュネヤンスクという町に入ると思われます。そして、3-4日後くらいにYarok IslandもしくはMakar Islandから出てくるのではないかと予想できます。4月28日から5月1日くらいでしょうか。
 
2015年に作成しましたR0-IOTA wanted listでは、
41 AS-163 R0Q Laptev Sea Coast East group 12.4%
 1 R3CA/0 (May 02) via UA9OBA Makar Island
 
と、2002年5月に同じコールサインR3CA/0にてMakar IslandからQRVしています。クレジット率12.4%は2015年版です。いろいろや条件があるでしょうが、この二つの島のいずれかから出てくる可能性が高いと思われます。Wanted list協力者48名中、38名が未交信です。
 

« R3CA/0を追いかける (24th Apr 2016) | トップページ | R3CA/0を追いかける (25th Apr 2016) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« R3CA/0を追いかける (24th Apr 2016) | トップページ | R3CA/0を追いかける (25th Apr 2016) »