World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« EU-191 EM5F Fericirii Island QRTを調べる | トップページ | OC-208 YB8O LABOBO Island & BANGKALAN Island plan(15-20 June 2016) »

2016年6月10日 (金)

IOTA-OC wanted listの紹介

最近は当ブログをご覧になられている多くの局からIOTAに関するご質問をいただく機会が増えています。小さな質問からとてつもなく大きな質問までいただきます。当然でしょうが過去に交信した局がIOTA new oneだったので回収方法を教えて欲しいという内容が最も多いです。

 
先日、IOTA700の報告をしましたら、その大陸別明細を見られてアパマンアンテナでIOTA-OCを271件コンファームした秘訣を教えて欲しいというご質問をいただきました。確かに私の4階ベランダからのAPA-4はオセアニア方面だけは良く飛ぶのです。JA6の地域性もあると思います。
 
そこで、私が10年ほど使っています表題のIOTA-OC wanted listを紹介します。
キッカケはJA1QXY花崎さんのウエブに次の表が掲載されたことです。
Iotaoc_2
2006年のIOTAクレジット率のJA分ランク表です。10年経つとかなり古くなりました。2006年時点で保有しているIOTA-OCの分を緑色でマーキングしました。黄色マーキングはこの10年間で交信したIOTA-OCです。このシートはJA分とWW分がありますが、エクセルのシート1枚に収めました。
 
そして、エクセルのシート2以降に未交信のIOTA-OCを1シートごとに管理するようにしました。
Iotaoc_1_2要するに交信したいIOTA-OCごとのノートとして使用開始したのです。当初はタイトルの「OC-218 FK Mattjew & Hunter Islands」だけでした。時間の経過とともにマップを貼り付け、過去のActivation情報を貼り付けました。ノートをとったというより貼り付けただけです。
 
画面の下にシート番号が40枚ほどありますが、赤シートは交信済みのマークです。
 
当ブログを書くときも手放せませんでした。さらに海外局の企画を入手しましたら、すぐに当シートを確認し、その局に支援情報として流したり、場合によってはコンサルテーションの支援に使ったりします。ほとんどのペディション局が私の情報に喜んでくれます。
 
Googleなどで調べた内容をこのエクセルファイルの該当IOTAページにゴミ箱に近い感覚で放り込んだだけですが、スピーディに取り出せて利用できています。
 
おまけですが、IOTAの大先輩でありますJF1SEK高橋さんのウエブに獲得IOTA QSLカードを掲載されていましたので、高橋さんに追いつけ追い越せを目標に下記を表紙に使っていました。
Iotaoc_3黄色マーカーが交信終了です。矢印の列がと緑の部分がJF1SEK高橋さんのIOTA-OC未交信です。敵わないのは当然ですが、目標として追いかけています。高橋さんのウエブ確認でメンテナンスできることからでしたが、現在はウエブを廃止されたようです。残念。
 
以下に私の未回収のIOTA-OCリストをご参考に掲載します。
1   OC-055 KH6 French Frigate Shoals  
2 ● OC-056 VP6 Henderson Island  
3     OC-068 ZL The Snares  
4     OC-074 ZL9 Auckland Island  
5     OC-081 KH5 Jarvis Island  
6     OC-098 ZK1 Pukapuka Atoll (Danger Island)  
7     OC-105 DU Cagayan Sulu (includes Muligi Island)  
8     OC-113 FO Acteon Group (includes Marutea)  
9  ● OC-123 A35 Niuafo'ou Island  
10 ● OC-168 H4 Russell  
11     OC-179 H44 Duff  
12     OC-190 KH8 Rose Atoll  
13     OC-214 VK6 Lacepede Islands VK6ISL, (5/96)  
14     OC-216 VK9 VK4ALF/VK9's operations from Ashmore Reef., (8/96) 
15     OC-248 T8   South Palau group 
16 ● OC-278 V3  Ujelang Atoll
17 ● OC-286 ZL9 Antipodes Islands
 
Provisional IOTA-OC
1  OC-287 ZL Bounty Islands
2  OC-288 KH6,7 Nihoa Islands
3  OC-289 KH6,7 Necker Island
4  OC-290 KH6,7 Gardner Pinnacles
5  OC-291 KH6,7 Laysan Island
6  OC-292 KH6,7 Lisianski Island
7  OC-293 KH6,7 Pearl and Hermes Atoll
 
●は聞こえてコールしたが交信できなかったIOTA-OCです。17IOTAと7つのProvisional IOTAが残っています。相当に厳しいところばかり残っています。これにより、IOTA750やIOTA800は私のアンテナでは不可能に近いと判断しております。それは、大票田のIOTA-OCが残っていないからです。
 
最後に啄木の一句「東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる」。この発想でIOTAの大枠を把握して分かりやすく管理しているとご理解ください。最大でも300シートのファイルです。

« EU-191 EM5F Fericirii Island QRTを調べる | トップページ | OC-208 YB8O LABOBO Island & BANGKALAN Island plan(15-20 June 2016) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-191 EM5F Fericirii Island QRTを調べる | トップページ | OC-208 YB8O LABOBO Island & BANGKALAN Island plan(15-20 June 2016) »