World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« SA-100P CE1/IT9YRE, CE1/I1SNW Pajaros Rocks(14-18 June 2016) | トップページ | OC-096 Kingman Reef 消滅扱い »

2016年6月15日 (水)

My IOTA Directory 活用法

2016年版のIOTA Directory 17th editionが発表されたことは既にご承知の通りです。

私は4月21日にRSGBへ発注し、5月16日に到着しました。
 
Dsc00190左側が16th edition、右側が新しく購入した17th editionです。
 
Dsc00191まずはIOTA PROGRAMME RULESの変更確認です。左側が16th edition、右側が17thの30ページと32ページです。左右をチェックして、変更箇所を鉛筆でマークしていきます。結構変更はあります。右下の3項は新規追加項目です。「New」といれました。赤枠は変更追加された項です。
 
Dsc00192左側の下になっている本が16thです。右側の開いた分が17thです。ASIAのリストに入ったページですが、16th to 17thでクレジット済みIOTAに黄色マーカーを付けていきます。現状のクレジット済みを確認するある意味では至福のひと時です。(笑い)
 
Dsc00193巻末に進むと16th editionにはない「Club Log Matches」や「RULE CHANGES」などを見受けられます。私の場合は、16th editionと新しい17th editionとの違いを大まかに見つけ出す作業をすることを第一段階にしています。
 
その中にはここ数年のIOTA実績を確認したり、Anuual Listingの国内外の友人のスコアをチェックします。
 
第2段階として変更点や新規追加事項などの和訳と理解です。もちろん英文ですが、1週間から10日ほどかけて実行します。1,178件のIOTAチェイシングをルールに則り、楽しんでいくためにはしっかりとIOTA Directoryの内容を抑えることが大切と思います。
 
私の場合は1997年5月にIOTA Chasingを開始して、ちょうど20年目に入ったところです。十二分に楽しむためにしっかりとルールを理解し、またルールにない、国ごと、相手局ごとの考えや癖などを交えて楽しんでいます。
 
意外やカード集めに陥りそうになり火が消えそうになることもありますが、ルールに則ったChasingはまた違う意味でいろいろな発想と楽しみを醸成してくれます。私の必携ツールとして愛用しております。そうです。たった2000円程度です。
 

« SA-100P CE1/IT9YRE, CE1/I1SNW Pajaros Rocks(14-18 June 2016) | トップページ | OC-096 Kingman Reef 消滅扱い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SA-100P CE1/IT9YRE, CE1/I1SNW Pajaros Rocks(14-18 June 2016) | トップページ | OC-096 Kingman Reef 消滅扱い »