World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« OC-096 Kingman Reef のデリート処理 | トップページ | IOTA大国からも離脱しそうなイギリスの状況 »

2016年6月25日 (土)

R3CA/9, R3CA/0 online logs

この早朝にEU7A AndyがIOTA-chasers ForumにR3CA/9並びにR3CA/0のログ確認を知らせてくれました。まずはログ確認までですが、まもなくOQRSも追加するとあります。
 
[IOTA-chasers] R3CA/9, R3CA/0 online logs
 
Major logs for R3CA/9 and R3CA/0 operation were processed by support team. Logs are on the Clublog.
R3CA_AS-005
R3CA_AS-038
R3CA_AS-068
R3CA_AS-070
R3CA_AS-104
R3CA_AS-152
R3CA_AS-163
R3CA_AS-164
 
If you’re sure on QSO made and you don’t see your call sign on on-line logs, then please submit your QSO data to the following e-mail:
r3ca.arctic@gmail.com
Possibly your call sign was incorrectly logged. The support team will carefully check your QSO data and if necessary will correct them. All logs are now for the check only. The OQRS (DIRECT/BUREA) will be added soon.
Please wait a bit and be patient. 
73, Support Team
 
73,Andy
EU7A
 
私のJA friendsへの支援依頼をUA9OBAへメールによる依頼を送っていますが返事はいただけていません。
 
【追記】
以前にもお知らせしました通りUA9OBAはPayPalアカウントを持たないと言っていました。当然、OQRSも利用しないということでしょうが、今回のRSGBにおけるIOTA RULE変更に伴いPayPalアカウントを入手したのかもしれませんが可能性は低いと思われます。
 
それは、この辺りの地域性です。従前のUA9/UA0エリアは送受金システムがシステム上の問題だけでなく、換金の問題があるようです。
 
すでに発表されているvia UA9OBAはSASEのみの受付を行うと思います。OQRSに関してはUA3AKO等が受けるのではないかと思います。恐らく2名くらいで分けて担当するでしょう。ドネーションウエルカムという行動は強く実施せず、1QSLカードあたり3USD負担のような感じでしょう。

« OC-096 Kingman Reef のデリート処理 | トップページ | IOTA大国からも離脱しそうなイギリスの状況 »

コメント

log check出来ました。当局はすでに6/6 SASEで送ってしまいました。OQRSで仮に3$とすると$3X6も送ってませんしIRCにしましたが?? まずかったのか?
CLUB LOGとOQRSの情報発信が今まで無かったので、当局QSLはとりあえず様子見になります。

これってQSLが送られて来なければ、来年1月からの変更でCLUB LOG確認で受付OKなら、
来年1月にIOTA申請すればR3CA/ は受付られるとの理解でよいのでしょうか? 

RRCのメンバーが恐らくサポートに入ることになりOQRSを利用するように急きょ決まったのでしょう。EU7A Andyはメンバーではありませんが、サポータのうちの一人です。その前にvia UA9OBA宛となっていますのでこれも生きると思います。ただし、過去の経験からいつ戻るかは、完璧に戻るかは不安定です。
そのために私が代表で交渉させていただきました。USDでなく、IRCの方がベターでしょう。
 
この分のOQRSが来年1月のIOTA申請に使えるか否かは私も知りたいところです。IOTA Ltdが強いリーダーシップを発揮してそのあたりも続々と情報発表をすれば、例のシステム構築のためのローン返済のための寄付なども多くの方が積極的に協力されると思うのですが。
 
いずれにせよ、「1年後には皆さん普通に利用していること」ですから、わかりやすく早め早めに情報公開して確実に協力を得た方が得策ですね。
 
私はRRCのメンバーでも、RSGB or IOTA Ltdのメンバーでもありませんので、即答できずに申し訳ありません。メールを使ってしこしこと情報収集をしているだけしかできておりません。ハイ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-096 Kingman Reef のデリート処理 | トップページ | IOTA大国からも離脱しそうなイギリスの状況 »