World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 求む、英語のできる日本人IOTAオペレータ! | トップページ | NA-158 KL7RRC/P Kalgin Island 中間報告 »

2016年7月10日 (日)

Club LogデータのIOTA申請届け出について(チームからの回答)

昨日、IOTAチームへ、JA friendsがClub Log マッチングを協力したいのでその手続きを教えて欲しいとPA3EXX当てのメッセージを送りました。この朝にVE3LYC Cezarより回答のメールが届きました。

「私たちはClub LogにuploadされたすべてのIOTA operationに対して確認を継続的に取り組んでいることに留意してください。それは非常に時間がかかっており、残念にもたいへん疲れています。

私たちは今後、数週間、数か月にわたって多くのIOTA Operationを追加していきます。(2017年1月を目標に)全てのOperationを提供されるようにします。次の処理が追加される時にメモをポストします。よろしく。」

との内容でした。

つまり、QSL発行者からの登録申し出は不要であり、2017年1月を過ぎるまではじっと待つことになると思います。確認の要領や内容に関しては不明です。例えばQSLカード発行者への登録確認をしているのか否か、拒否による未掲載があるのか、同じIOTAで別々の運用もカバーされるのかなどです。

2017年1月末までは暫定的運用になり、新年度の2月以降は正式運用で進められるような感じです。そのため、2017年1月までは従来通りのQSLカード回収を行っていただき、たまたまAF-012 FT4JAのように利用できるものもあると考えた方がよさそうです。

« 求む、英語のできる日本人IOTAオペレータ! | トップページ | NA-158 KL7RRC/P Kalgin Island 中間報告 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 求む、英語のできる日本人IOTAオペレータ! | トップページ | NA-158 KL7RRC/P Kalgin Island 中間報告 »