World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island plan (28 Sep- 4 Oct 2016) | トップページ | AS-142 UE23RRC レポート(リニアアンプ含む) »

2016年8月14日 (日)

AS-142 UE23RRC Kambalnyy Island お天気しらべ

DX-World.netに2016年8月14日早朝に、次のように報告されています。

August 12 — After a delay the team are now the way to AS-142. E.T.A 12:00UTC August 14th.
As142_3
2016年8月14日午前10時現在、島に到着していました。
As142_3_2
 
ウエブの写真にありますとおり、Kambainyy Islandは島というより岩が少し海に出ている感じの小さな島です。船もそんなに大きな船でないことが上の写真でわかります。
 
そこで、心配なのが台風6号の影響です。
As142_2
[台風の現況と予想]
 台風第6号は、14日3時には日本の東の北緯33度55分、東経152度10分にあって、1時間におよそ30キロの速さで北北西へ進んでいます。
中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで中心の北東側650キロ以内と南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
 台風第6号は、15日朝にかけて日本の東から北海道付近に進み、15日夕方にはオホーツク海で温帯低気圧に変わる見込みです。
 
<強風・高波>
 15日は、北海道太平洋側を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなるでしょう。
 15日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
    北海道地方 20メートル(30メートル)
 15日に予想される波の高さは、
    北海道地方  6メートル
 の見込みです。うねりを伴った高波に警戒し、強風に注意してください。
 
8月15日の午後からチームは影響を受けそうな感じです。未交信の方は明日の午前中までに早めに交信されることをお勧めします。
船は小さく、島も小さく足場が悪く、さらに台風6号から熱帯低気圧に変わった余波を受ける可能性が予測されます。

« OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island plan (28 Sep- 4 Oct 2016) | トップページ | AS-142 UE23RRC レポート(リニアアンプ含む) »

コメント

おはようございます。
今朝、06JSTには、既に到着したらしく動きが止まっていました。
無事上陸できれば、運用開始はそろそろでしょうかね。
台風が心配です。

VK6NXをもトラッキングしていますが、順調に進んでいますね。
10時間の運転・・・。タフガイです。

いずれも、明日出勤の私には難関です。(>_<)

AS-142ではなく、AS-069ならば早起きしたのですが、8時起床でした。(笑い)
まもなくオンジエアするでしょう。今日の午後から明日の夕方までやって、一旦AS-025へ退避する可能性が高いと思います。1週間後のAS-091 R23RRCも間を開けて実行しますので、その行きがけに1泊くらいで実行するのかなあと思います。
 
はい、3年前のOC-199 VK6YS/Pは福岡から北海道くらいの距離を往復ひとりで車を運転するくらいです。高速道路も日本とはまったく異なり居眠りしてもぶつかるものは何もないくらい広々ゆったりと故Wallyから聞きました。
 
出てくるところは交信済みばかりです。New oneもレポートがありますがアンテナがワイヤー系ばかりでこのコンディションでは厳しいです。2016年のNew IOTAはまだ2件と予測どおりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island plan (28 Sep- 4 Oct 2016) | トップページ | AS-142 UE23RRC レポート(リニアアンプ含む) »