World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« NA-019 Kodiak Island Sked 再開(含むNA-059, NA-065) | トップページ | My 未交信のIOTAオセアニア詳細について »

2016年8月 3日 (水)

低迷期のIOTAオセアニア in IOTA contest 2016

毎年IOTA contestに参加して10局以上のQSOとContest Logを提出することを私自身のアクティビィティをキープするために実施しています。ここにその2016年コンテストの感想を述べさせていただきます。

 
先日7月30日午後9時から31日午後9時までの24時間にて実施されました。
 
もともと昔はIOTA Contestは「EUのフィールドデーコンテスト」のような位置づけでしたがDXCCに続く素晴らしいプログラムとして20年ほど前からIOTAが脚光を浴びることになりました。10年から25年前くらいにIOTAを始められた局の多くが現在IOTA Honour Rollとして活躍されています。
 
今回のIOTA Contestはコンディションの影響もあり、私のアパマンアンテナではEU/NAは1局も聞くことができませんでした。AF/AN/SAも同じです。ほとんどが東アジアばかりでした。ロシア、中国、日本、韓国、台湾、香港、タイです。オセアニアは心配していたとおりVK/ZLとKH6、9M6のみ1局ずつという寂しさでした。
 
IOTA Contestの情報はADXOがもっともわかりやすいです。
ここにもIOTAオセアニアのエントリはYBの2局のみという少なさ、寂しさでした。
 
YB3CC/9 Indonesia OC-022 Nusa Penida LotW 4L5A By YB3LZ YB3MM YB3TET YC3ARY YC3BFX YC3ISB YC9AUY YC9BCD YC9CCS; OI71sh; QRV Jul 30-Aug 1; QSL also OK via YB3MM and Club Log
 
YB9GV Indonesia OC-150 Lombok LotW YB9GV By YB9GV; 15m, SSB, low power; QSL also OK via eQSL
 
Facebookではこれらの情報とは別にOC-208 YB8OUN/P Peleng Island Banggai IslandsがQRVしましたがクラスターには1QSOがレポートされていました。何しに行ったのでしょうと思える程度のアクティビィティの低さです。
 
感覚的で申し訳ありませんが、IOTAオセアニアだけで10局もでていなかったのではないかと判断しました。ここ数年を考えると、いわばIOTA Contestのオセアニアからの参加は低迷期にはいったと言えると思います。とても寂しいコンテストでした。
 
その低迷の考えられる要因は10年以上IOTAをやっている局がほとんどIOTAオセアニアを交信しつくしてしまっていると考えます。また、情報が発達して目新しいIOTAオセアニアがコンテストに参加しないこともあげられると考えられます。
 
採り尽くして興味が湧かなくなってきている局ばかりになっているのでしょう。
OC-214 Ladepede Island中止に伴うドネーションの返金支援において、ドネをお預かりしていましたJA9のOMさんから返金しないでくださいとの指示をいただきました。
 
私が未交信のIOTAアジアやオセアニアにドネーションするときに合わせて使って欲しいとの強いご要望でした。A91HIなどEU/NA中心のサービスばかりでJAへビームを向けさせるためにも小さなドネーションをまとめて大きくしてこちらJAに向かせてほしいとの意向でした。
 
了解してお預かりすることにしましたが、ところがIOTAオセアニアはほとんど残っていないことをお伝えしました。つまり、P29/YB/DU関係はJA friendsからのドネーションギャザリングが概ね成功して実施されました。同じIOTAはもうできない訳です。
 
つまり、そのドネーションギャザリングによるIOTAペディション後にIOTAを始められた局は長年待ってもここまではQRVが出てこないと思います。
 
ちなみに私の12メータハイのAPA-4に100ワットで20年間のIOTAチェイシングで、オセアニアの残りは次の通りです。
1 OC-055  OC-055 KH6 French Frigate Shoals
2 OC-056  OC-056 VP6 Henderson Island  
3 OC-068  OC-068 ZL The Snares  
4 OC-074  OC-074 ZL9 Auckland Island  
5 OC-081  OC-081 KH5 Jarvis Island
  
6 OC-098  OC-098 ZK1 Pukapuka Atoll (Danger Island)  
7 OC-105  OC-105 DU Cagayan Sulu (includes Muligi Island)  
8 OC-113  OC-113 FO Acteon Group (includes Marutea)  
9 OC-123  OC-123 A35 Niuafo'ou Island  
10 OC-168  OC-168 H4 Russell  
 
11 OC-179  OC-179 H44 Duff  
12 OC-190  OC-190 KH8 Rose Atoll  
13 OC-214  OC-214 VK6  VK6ISL, (5/96)  
14 OC-216  OC-216 VK9 VK4ALF/VK9's from Ashmore Reef., (8/96) 
15 OC-248  OC-248 T8  South Palau group 
 
16 OC-278  OC-278 V3 Ujelang Atoll 
17 OC-286  OC-286 ZL9 Antipodes Islands
 
これにProvisionalのOC-287/288/289/290/291/292/293の7つが加わります。
僅か17件しか残っていません。たくさんのアプローチをかけていますが、その多くが上陸許可が取れないケースが多いようです。OC-123/168/179を狙い目と考えています。
 
特に今後はP29はEU/NAからのペディションで実行されましたのでリピートは多くないと思います。YBはYB8RW Dinさん等にお願いすれば行動してくれるかもしれません。VKはVK5CE、VK5MAVやVK6'sをもっとサポートしないと止まってしまうと思います。
 
願いとしてはここぞというペディションには10USD程度の寄付をしてあげたいですね。ペディショナー側も多くのコストをかけて実行されています。上記17件プラス7のProvisionalに今後も積極的にアプローチいたします。

« NA-019 Kodiak Island Sked 再開(含むNA-059, NA-065) | トップページ | My 未交信のIOTAオセアニア詳細について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-019 Kodiak Island Sked 再開(含むNA-059, NA-065) | トップページ | My 未交信のIOTAオセアニア詳細について »