World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« P29-IOTAを分析してみます | トップページ | EU-139 SM2OANのビッグアンテナを発見 »

2016年8月30日 (火)

NA-039 KG4FJC/KL7 Adak Island operation

8月30-31日に表題の運用があるとDX-newsで1か月ほど前に発表されました。すぐにIOTA-KL7 wanted list 2016より6名の未交信がおられることを確認し、KG4FJC JohnさんへメールでSkedを依頼しました。3回ほどメールのやりとりをしましたが、「caribou hunting and salmon fishing」が第一で無線はその次との回答でSkedはほぼ失敗に終わりました。

 
しかし、JohnのEquipmentは「Kenwood TS-480, full 100w output, PAC-12 vertical antenna with coils for 20 and 40m」を持参するそうです。彼のQRZ.comを確認するとExtraです。自宅ではリニアも使用しているとあり、間違いなく運用すると確認しました。
 
周波数は「14.260 phone NOT SPLIT, 14.336 phone, 14.070 psk31」といただきました。40mは運用するか否かわからないとのことです。
 
Johnは狩猟や釣りが中心とのことでAdak Islandを中心に考えると8月30日午後6時から31日午前8時くらいまでが無線運用の時間と想定できます。Adak時間とUTCは9時間、JSTとは18時間異なるとありました。夏冬時間の関係で少しずれる可能性もあります。
 
①Adak      8月30日18時 - 8月31日 8時
②London 8月31日 3時 - 8月31日17時
③Tokyo   8月31日14時 - 9月 1日 2時
Tokyo時間にシフトしていただき、この辺りを目安でチェックなさってみてください。
 
なお、Club Log QSO Matchesの説明をしましたが、紙のQSLカードは間違いなく印刷するとの回答でした。
 
Adak IslandはKL7のアリューシャン列島のちょうど真ん中あたりです。ハワイよりも日本よりです。アンテナの写真を確認ください。
Pac1240_beach

« P29-IOTAを分析してみます | トップページ | EU-139 SM2OANのビッグアンテナを発見 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« P29-IOTAを分析してみます | トップページ | EU-139 SM2OANのビッグアンテナを発見 »