World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« Club Log QSO Matchesの利用方法を説明します | トップページ | OC-123 A35JP/P 延期あるいは中止の可能性が出てきました »

2016年9月23日 (金)

K7A by K6HFAのQSLingをしらべる

免許が切れてしまいK6HFAからのQSL回収は不可能と思いきやJA1のN-OMが5月に回収できたという報告があり、さらに8月23日付けでK6HFAの免許が復活したり。その間、再請求された局もおられ、またA33AのQSLも請求される局も現れたり、少々混乱の状況です。

 
そのような中、IOTA CP JAのJA9IFF中嶋さんのウエブにK6HFAからQSLカードを回収するヒントを見つけました。
 Na236b
詳細は文面をご一読ください。NA-042、NA-087、NA-241、NA-059、NA-0158の印刷カードです。NA-042とNA-087並びにNA-241は2行になっています。これは多分、複数モード、バンドでサービスしたためでしょう。(Tnx JA1GHH)
 
さらに、NA-236とNA-222は手書きです。また、2005年頃に作成されたと判断できます。2009年のデータは手書きです。押印によりクレジットされたようです。要するにQSLカードと実際のIOTAペディションにおいて過不足が起きてこのようなQSLカードになったと判断できます。
 
Na092_k6hfa5ここにもう一枚、K6HFA自身が実行したK6HFA/5 NA-092の2010年12月交信のQSLカードがあります。これは押印がありますが、残念ながらクレジットされないと思います。NA-092と/5に掛けて押印すればセーフかもしれないですね。いずれにせよIOTAルールに則ったQSLカードではないようです。(Tnx JK1TCV)
 
再び、中嶋さんのウエブへ。別の記事に戻ります。
このウエブにはK6HFAからの新しいQSLカードの表と裏が掲載されていました。
Na236_fs
 
Na236_rs_2
表面は写真ですが、裏面のデータ欄はプリンタで打ち出したもので、NA-087、NA-236、NA-222と島名があります。
 
そうです。自作が可能です。コールサイン、データとK6HFAのサインをもらい、さらに前述のグリーンのスタンプを押してもらえば完璧でしょう。
 
K6HFAの発行状況を見ますと、保有する紙のQSLカード供給に難儀しているように感じます。よって、請求外でパソコン処理により作成し、K6HFAへSASEに含めて送れば回収率は100%に近くなると思います。グリーンのスタンプを押してもらえば最高でしょう。

« Club Log QSO Matchesの利用方法を説明します | トップページ | OC-123 A35JP/P 延期あるいは中止の可能性が出てきました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Club Log QSO Matchesの利用方法を説明します | トップページ | OC-123 A35JP/P 延期あるいは中止の可能性が出てきました »