World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 焦げ付きQSLカードの回収支援 Sep 2016 | トップページ | OC-098 E5 Pukapuka Atoll 2017 plan 2 »

2016年9月12日 (月)

NA-059 N7DQ/KL7 & NL8FとのSked報告

前週にNA-059 N7DQ/KL7がデジタルとCWでサービスを実施していただけました。固定局のNL8FとSkedを8月から組んでいましたので遠慮してN7DQ/KL7の対応を放っていましたらJA8のOMさんよりデジタルで交信できましたとのメールを先週7日(水)にいただきました。

 
NL8Fと約束しているのに他にもちょっかい掛けるのはいけないと思っていましたが、すぐにN7DQへメールを入れました。8日(木)の朝のみのSkedでしたがJA friendsの6名中、上記のJA8のOMさんに続き、1局がCWで交信できました。これでIOTA-KL7 wanted list中、NA-059未交信6名のうち2名が交信完了しました。
 
その旨をNL8Fへ報告しましたところ、Timさんよりすぐにメールが戻りました。N7DQ/KL7 MikeはTimさんの義理の兄とのこと。全く別の運用と思っていたところ、NL8FがN7DQ/KL7をサポートしていました。さらに、11日(日)0300UTCに残り4局とSkedをやりましょうとの申し出がありました。義兄の影響を受けたようです。
 
11日(日)0300UTCにCWをやらないTimさんに無理やりQRS CWで出てきてもらい、JA3のOMさんが成功されました。6局中3局が完了です。Timさんから12日(月)0300UTCにもう一度やりましょうとたいへん積極的なお申し出をいただきました。
 
現時点では本日は1局のみです。昨年作成しましたIOTA-KL7 wanted listの中の未交信局を対象に実行していますが、それ以外でもNA-059未交信の参加希望があればご一報ください。jn6rzm@nifty.com
 
継続して接することにより信頼と信用が構築され、他のIOTAへの移動運用の可能性が生まれてきます。Timさんの場合はNA-234 Chuginadak Islandです。ご協力ください。
 
なお、コンディションがたいへん厳しく、私のアパマンアンテナではNL8Fの信号はほとんど聞こえないという情けない状況です。ある情報筋からはこの状態が2020年まで続くであろうとお聞きしました。
 
なお、NA-059 N7DQ/KL7のログサーチはClub Logに掲載されています。
Log to search: N7DQ/KL7
278 QSOs logged between 2016-09-03 07:31Z and 2016-09-07 23:54Z
 
また、NL8Fもログサーチはありますが、メンテナンス待ちです。via K8NAです。
Log to search: NL8F
21,952 QSOs logged between 1993-07-01 08:11Z and 2015-11-29 11:06Z

« 焦げ付きQSLカードの回収支援 Sep 2016 | トップページ | OC-098 E5 Pukapuka Atoll 2017 plan 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 焦げ付きQSLカードの回収支援 Sep 2016 | トップページ | OC-098 E5 Pukapuka Atoll 2017 plan 2 »