World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« OC-228 VK5CE/P Japan Service Day | トップページ | 24名のIOTA Check Pointとその担当件数をしらべる »

2016年9月15日 (木)

NA-059 NL8F とあなたも交信しているかもしれません

昨日、NA-059 NL8F Timさんのログサーチができることがわかりました。

 
一昨日にSkedを失敗されたJA6のI-OMからメールが届き、LoTWにおいて17m SSBで交信していることが分かったとのこと。すぐにClub Logのログサーチで確認しましたら見事に17m Phoneでヒットしました。
 
Skedに参加のJA3とJA8のOMさん達の分もログサーチに入れてみると見事に15m Phoneと20m Phoneにてヒットしました。ついでに私の分も確認してみました。
 
Log to search: NL8F
21,952 QSOs logged between 1993-07-01 08:11Z and 2015-11-29 11:06Z
Callsign to check: 
JN6RZM
Show contacts
Band CW Phone Data
20   1 
 
見事に20m Phoneでヒットしました。
 
1993年7月1日から2015年11月29日の間のログ、21,952 QSOが登録されていました。おそらく2015年12月頃にLoTWとClub Logに全てのログを新規に登録されたものと思われます。
 
この間にDXハンティングをされている局はすでにNA-059 NL8Fを交信している可能性があります。さらに毎年の7月下旬のQSOでしたらIOTA Contestデータの可能性もでてきます。もしそうでしたらIOTAコンテストデータからIOTA申請に利用できます。
 
なお、I-OMに届いたTimさんからのメールでは近々QSLmgrをK8NAからN7ROへ変更の予定だそうです。この様に当ブログで騒いでいるとClub Log QSO Matchesの利用が早くなる可能性があります。
 
【追記】
JA3のOMさんがClub LogでNL8Fがヒットはするが、ログには見つからないとのことで似たようなコールを探し出してくれました。「NL8/NO7F 2000/03/26」と、これが最も近いと返事してこられました。
 
すぐにRSGB IOTA webの初期画面に「NL8/NO7F」を放り込むとNA-059がヒットしました。そこでNA-059を開いてPast Activationを確認しました。
この4つ「KL7RRC、NL8/NO7F、NL8F、NO7F/KL7」がTimさんが使ったコールサインであることが判明しました。
 
NL8/NO7Fは2000年3月のコンテストで使用したようです。NO7F/KL7も別のコンテストで使用したようです。恐らく面倒なのでClub LogへはNL8Fでまとめて登録したと思われます。なお、QSLmgrのK8NAのQRZ.comにはQSLingに関して詳細がありますのでご参考ください。
 
このコールサインはIOTAじゃないかしらと感じたら、RSGB IOTA webの初期画面の一番上のテキストフィールドにそのコールサインを入力してください。ヒットすれば美味しいNew IOTAが出現します。
 

« OC-228 VK5CE/P Japan Service Day | トップページ | 24名のIOTA Check Pointとその担当件数をしらべる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-228 VK5CE/P Japan Service Day | トップページ | 24名のIOTA Check Pointとその担当件数をしらべる »