World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Club Log QSO Matchesのデータが月々増えています | トップページ | IOTA申請者側に立ったIOTAプログラムの運用を希望します »

2016年9月18日 (日)

NA-059 NL8Fと NL8/NO7F, NO7F/KL7との顛末

IOTA-KL7 wanted listにリストアップされましたNA-059未交信局とのSkedは対象局6局中、5局と交信してひとまず終わることになりました。参考となる情報もありますので下記にレポートします。

 
昨年10月からNL8F TimさんにSkedを依頼するもコンディションが悪くうまくいっていませんでした。その様な中、9月中旬にN7DQ/KL7 NA-059がオンジエアを開始し、未交信局の1局であるJA8のN-OMがJT65でこの局と交信に成功されました。
 
これを契機にNL8Fが急に積極的にSkedを再スタートしてくれました。その理由はN7DQ MikeはNL8Fの義兄でTimさんの機材を使用して多くのサービスをしていました。そのため、Timさんは初めてと言ってよいでしょうCWでSkedに応じてくれました。
 
Timさんは「My shopからのオンジエア」と言われていましたので仕事場からQRVしていたようです。1回Skedを失敗した直後にJA6のI-OMが過去にNL8Fと交信済みであったことがLoTWで判明したとの連絡がありました。すぐにClub Logで調べるとI-OMが無事にヒットしました。
 
しばらく時間が経過して「もしやJA3のH-OMも」と思いだし、Club Logをチェックしましたら見事にヒット、さらにJA8のY-OMもヒットして5名全員が終わってしまいました。
 
ところがJA3のH-OMはログにNL8Fがないとのことで、さらに調べていただき、NL8/NO7Fではないかとわかりました。この朝にNL8Fと無事に交信できたので、両方ともにSASEで請求するとの連絡がありました。これでほぼ一段落とはんだんしました。
 
なお、NA-059 NL8FのClub Logには、
KL7RRC(Aug 13)、NL8/NO7F(Mar 01)、NL8F(Resident)、NO7F/KL7(Apr 01)が含まれているようです。
 
また、この朝のTimさんのメールによれば、K8NA TedさんはNL8F関係のQSLmgrを近日中にN7ROへ変更するそうです。いまから請求する場合は、N7ROの方が良いと思います。さらに、TimさんはNL8F以外の3つのコールをコンテストで多用したそうです。
 
そのため、毎年7月最終土日に開催されるIOTA Contest参加のデータならば、QSLカード不要で「IOTA Contest QSO Matches」からIOTA申請データを作ることが可能です。ちなみに「We can currently accept IOTA contest logs for the following years: 2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015」と2004年以降のIOTA Contest QSOです。
 
NA-059 未交信でSked希望局がおられましたらご一報ください。Timさんも今は熱いと思います。

« Club Log QSO Matchesのデータが月々増えています | トップページ | IOTA申請者側に立ったIOTAプログラムの運用を希望します »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Club Log QSO Matchesのデータが月々増えています | トップページ | IOTA申請者側に立ったIOTAプログラムの運用を希望します »