World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« K7A by K6HFAのQSLingをしらべる | トップページ | R3CA/0などのQSLカードが出来上がったようです »

2016年9月23日 (金)

OC-123 A35JP/P 延期あるいは中止の可能性が出てきました

2016年9月28日から予定のOC-123 A35JP/P Niaufo'ou Island運用は中止との連絡が現地A35におられるJA0RQV田村OMより入りました。正確にお伝えしたいと思いますので原文を一部省略して掲載いたします。

 
「現在トンガのエウア島というところにきております。
今日、トンガ国内航空会社から連絡がありまして、来週ニウアフォウへ行く便が機材繰りができなくなりキャンセル、上手く行って来週10/1土曜日で再調整中との連絡がありました。想定はしておりましたが恐れていたことが起きました(泣)。
引き続き前倒しするようにと依頼しましたが、どうやら早くても10/1夜から、最悪NGの可能性が出てきました。
 
DE JA0RQV/A35」
 
まだ、10月1日の夜に飛ぶ可能性もありますが、10月4日に引き上げられるかなどの問題もありそうです。
 
詳細はhttp://blog.goo.ne.jp/rqv  で詳細が報告されます。
 
Dscn3137田村さんから以前に送っていただいた2014年5月にOC-191 Niuatoputapu Islandへ行かれた時の飛行機です。おそらく、OC-049 TongatapuからOC-191とOC-123へ交互に就航しているようです。中国製の古い飛行機で非常ドアが壊れて開かない、シートベルトも壊れていて使えないと言われていました。この写真を出発直前に使うつもりでした。
 
未交信の皆さんは無事に飛び立つようご一緒に祈ってください。(笑い)

« K7A by K6HFAのQSLingをしらべる | トップページ | R3CA/0などのQSLカードが出来上がったようです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« K7A by K6HFAのQSLingをしらべる | トップページ | R3CA/0などのQSLカードが出来上がったようです »