World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« OC-214 Lacepede Island news by IOTA-chasers Forum | トップページ | AF-023 S9YY QRVing 信号強し(10/8-10/23) »

2016年10月 9日 (日)

大幅なコスト削減につながるClub Log QSO Matchesシステム

RSGB IOTA websiteのClub Log QSO Matchesの日々のチェックは多くのIOTAチェイサーにとりましてすでに日課となっていることでしょう。私も日に3回ほどチェックして大きな変化があった場合は当ブログでお知らせしております。

 
しかしながら、2016年末までは試行期間とのことでまだこのシステムのルールや手続きのフローなどわからない点がたくさんあります。まずは、ご自分のデータがヒットする楽しみを謳歌されていると思います。残念ながら9月30日以降に大きな動きは出ていません。
 
私の照会方法をお知らせします。リストをコピーし、エクセルに貼り付けシートごとに日付管理しています。毎日3回のチェック方法は多くの局が実施される「マッチングを実行する」ではなく、毎回リストをコピーして約1400行(2016年10月初旬)を前回分と平行にワンクリックで貼り付けるのみです。
 
Club_logこの様な感じになります。左側が前回分、右側が今回分です。7~8件の増加ですが、体制に影響はないと判断し、シートとしての記録は残しません。理由はClub Log登録者がその登録を変化させるだけでも増減が発生するためです。20件以上の変化があった場合に当ブログでお知らせしています。
 
CE4A        SA-095 Pupuya 2011/11/20 18:18 2011/11/23 10:35
LU6W       SA-096 Escondida 2013/1/5 1:52     2013/1/5 19:20
CE9/PA3EXX SA-097 Gonzalo 2011/1/15 20:49     2011/1/17 12:06
CE9/VE3LYC SA-097 Gonzalo 2011/1/15 17:31     2011/1/17 16:44
ANY        SA-099 Curacao
  
最下行の5つです。「ANY」は複数ありの意味です。そのため、実際には登録行数は倍くらいの局数が登録されているのではないかと思われます。
 
私はこの後は大陸別の合計を取り、変化がある大陸のみ明細チェックをやっています。結構気の長い作業になります。
 
1件のNew IOTAがヒットすれば、コスト換算しますと、OQRS1件分の3USD、SASEを使っても3~5USDが必要になります。10年も経過しているQRV局ならば紙のQSLカード回収率は1/3くらいではないでしょうか。
 
単純に100IOTA増やすためにOQRSやSASEを使う場合、300USDはかかるということでしょう。焦げ付きなどを含めるともう少しコスト増はあるでしょう。かえってIOTAをたくさんやられたOMさんよりも、これからIOTAを始められる局の方がメリット性は高いと思います。
 
現在、RSGB IOTA CP JAの中嶋さんが10月7-9日にイギリスで開催のRSGB 2016 Convrntionに参加され、新しい情報のお土産を持って帰ってこられそうです。
 
 
Club Log QSO Matchesの情報を的確にとらえ、コスト削減につなげるとともに、ぜひともIOTA Ltdへのご寄付をお願いいたします。
 

« OC-214 Lacepede Island news by IOTA-chasers Forum | トップページ | AF-023 S9YY QRVing 信号強し(10/8-10/23) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-214 Lacepede Island news by IOTA-chasers Forum | トップページ | AF-023 S9YY QRVing 信号強し(10/8-10/23) »