World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« AS-203 RT9K/0のQSLカードについて | トップページ | R3CA/8/9/0 OQRS稼働 »

2016年10月28日 (金)

IOTA Bash 2017

アメリカのテキサスに本拠があるIREF( Island Radio Expedition Foundation)が来年2月開催のIOTA Bash 2017の概要を発表しました。http://islandradio.org/index.html

 
IREFはAB5EB等により設立されましたIOTAペディションを支援する団体です。ペディショナーの申請に基づき、そのQSLカード作成のための費用支援を行っています。また、IOTA Bashという名称でテキサスでIOTAミーティングを開催しています。
 
このミーティングではその前年に実施されたIOTAペディショナーのプレゼンテーションが行われ、内容の濃いお話がされているようです。過去のプレゼンテーターは次の通りです。
 
2017
Vasil RA1ZZ AS-142 UE23RRC and Vasily R7AL R70ASIA
2016
Mike K9AJ  VP8STI/VP8SGI
David EI9FBB  S79C AF-119,  PJ7PK NA-247
Mike AB5EB  Marsh Island NA-120 N5M
2015
Krish W4VKU will speak about his operation at VU4CB
Cesar VE3LYC will speak about his expeditions to TX4A and VK6ISL
Imam YB4IR will speak about a variety of his Indonesian IOTA expeditions.
 
2014
K9AJ – Mike McGirr will talk about his H44AJ expedition to OC-285
 
EA3NT- Christian, a member of the Invoker Expedition Team will make presentations on HP0INT, EA and TK IOTA trips.
 
AB5EB- Michael will present on the K5T operation to NA-119
K6VVA-Rick will talk about his expeditions to Alaska
2013
G3ZAY – Martin Atherton will talk about his expedition exploits as well as the latest information on IOTA Program
K5WQG – Eddy Reynolds  will present the P29NI expedition to OC103, OC099 and OC069
N3QQ – Yuri will present on his KL7RRC trips to NA-240 and NA-150
AB5EB – Michael Crownover will talk about his trip to St. Paul Island CY9M
 
2012
Mike K9AJ
Derek G3KHZ
Cesar VE3LYC
Mike AB5EB
In attendance were such illuminaries as K9AJ, N3QQ, G3KHZ, XE2K and many other dedicated island chasers. Presentations were given for some of the most recent activations such as T32CI, VI, SI, MI; P29NI; V73QQ; KL7RRC; XV3RRC, etc.
 
その年ごとのビッグIOTAペディションの実行者が発表しています。ほとんどが欧米中心ですが、2015年はVU4CBとYB4IRがアジアとオセアニアから参加しています。2017年はいずれもロシア人でRRC(Russian Robinson Club)の活動です。
 
N3QQ Yuriさんも2012年に特別参加でV73QQとKL7RRC、2013年はNA-240 NA-150 KL7RRCの発表を行っています。
 
さて、Club Log QSO Matchesシステムの提供により紙QSLカードが減少しますと、IREFの支援方法も2017年から変更せざるをえないと思いますがどうなるでしょう。
 

« AS-203 RT9K/0のQSLカードについて | トップページ | R3CA/8/9/0 OQRS稼働 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-203 RT9K/0のQSLカードについて | トップページ | R3CA/8/9/0 OQRS稼働 »