World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« Club Log QSO Matches におけるAS-142 UE23RRC消去について | トップページ | GDXF Secretary のDK8UH Lutzさん訃報 »

2016年10月23日 (日)

R0-IOTA RT9K/Kへのドネーション支援を!

10月21日(金)早朝にKL7RRCのアラスカIOTAペディションで有名なN3QQ Yuriさんからメールをいただきました。2017年2月に実施予定のRT9K/9(AS-068、AS-104、AS-121、AS-054)の北極海IOTAへの支援をKL7RRCと同じ要領でJA Friendsよりいただけるようお願いできないかという内容です。
 
2004年以来、昨年2015年5月までドネーション支援で多くのIOTAペディションの活性ができたと思いますが、費用負担の問題やPayPalなどの普及により時代にそぐわないと感じ、さらにはYB-IOTA完成のため、ドネーション支援に封印をすることにしました。
 
過去にJA Friendsのおかげで多くのペディション支援ができました。そのため、10月21日(金)の昼過ぎにJA Friends60局にご協力実行のお願いメール発信と、当ブログでの公表をしました。20局のご協力で実行することにしました。実行には石橋を叩いて渡ることにしました。
 
併せて、過去のドネーション支援を詳しく調べてみました。下記の31回です。
N3QQ Yuriさんは8月にNA-158 Kalgin IslandからKL7RRCにてサービスしてくれました。リストを確認すると31回やっています。その中で、 ⑬NA-234 KL7DXを皮切りに6回も支援しました。これ以外にも単独でNA-169、NA-065、NA-250も行ってくれました。
 
①OC-268 YB7M & OC-217 YE3K 2005、②SA-043 CE6TBN/7 2005、③OC-269 YE7P 2005、④OC-175 DX0ST & OC-207 DX0TIC 2005、⑤SA-095 XR4P(失敗)、⑥NA-178 K6VVA 2006、⑦OC-161 YE6N 2006、⑧OC-189 3D2RI 2007、⑨YB9BU Help Kadek 2007、⑩OC-283 P29NI & OC-284 P29VCX 2007、
 
⑪SA-053 XR7W 2008、⑫AS-185 XV3M 2008、⑬NA-234 KL7DX 2008、⑭OC-041 P29NI 2008、⑮NA-191 TI7KK 2009、⑯OC-205 P29NI 2009、⑰NA-233 KL7RRC/P 2009、⑱OC-279 T32MI & OC-281 T32CI & OC-282 T32VI & OC-280 T32SI 2010、⑲NA-235 KL7RRC/P 2010⑳OC-287 V73RRC 2010
 
(21) NA-232 KL7RRC 2011(22) NA-240 KL7RRC/P 2012、(23) OC-271 YB8XM/P 2012、(24) YB8XM Antenna 2012、(25) YB9BU IC-706mk2 2012、(26) OC-208 YB8P 2013、(27) OC-285 H44IOTA 2013、(28) OC-109 & OC-122 YE5T(Antenna) 2013、(29) OC-157 YB8V 2013、(30) OC-076 YB8XM/P 2014、(31) OC-274 YB4IR/8 & YB8RW/P 2015
 
N3QQは2008年のChuginadak Islandからすでに10件くらいのIOTAサービスを提供し続けてくれています。G3KHZ & SM6CVXによるP29-IOTAも支援により続きました。
 
2004年に初めてYB9BUへドネーション100USDを送りました。OC-217 Kangean Islandへ行って欲しかったからです。この時はJPの国際為替を使用し、1000円の手数料をかけて送金しました。この当時はPayPalがなく、JA Friendsと情報交換することにより「一緒に送る」と言う具合にギャザリングが生まれました。
 
当初はドネーションを送りっぱなしでしたが、少しずつ厚かましくなり、ドナーのQSLカードをすべてJN6RZM宛へ送ってもらい、そこから振り分ける方法に発展しました。
 
10月22日(土)昼過ぎに目標でありました20名を超えるJA Friendsより協力OKのメールをいただきました。すぐにN3QQ Yuriさんへ「実行します」のご返事をしました。チームリーダーのUA9KDF Igorさんを紹介してもらうようにお願いしました。
 
この日は実行することを伝えるために朝5時半から朝食を挟んで6時間かかってご協力お礼のメールを返信させてもらいました。このJA Friendsのご協力がなければもちろんうまくいきません。
 
本日10月23日朝にメールを確認するとN3QQ YuriさんとUA9KDF Igorさんからメールが届いていました。いずれもCc:JN6RZMです。なんと、Igorさんのメールはすべてロシア語でした。すぐにGoogle Translateで翻訳すると下記の通りでした。
 
こんにちはシュウさん!
 
あなたと私たちのチームのご支援をお願いいたします満たすために満足して、
あなたのような人々のおかげで、我々は成功し、我々がしようとします
あなたの期待に応え、新しい空気中で忘れられない瞬間をお届け
島々。
 
73!イゴールとチームRT9K
 
psのユーリを英語にしてください翻訳します。
 
なんとなく通じると思います。(笑い) IgorさんはVery Welcomeであることがわかります。最後にCcで送った理由が分かる通り、Yuriさんに英語に翻訳して送ってくださいとあります。たいへんユニークですね。面白いです。
 
このお昼過ぎには30名を超えるご協力OKに達しました。昨日のYuriさんへの承諾にドネーション目標を500USDにしますと伝えました。お一人10USDと考えています。JA Friendsを50名まで受け付ける予定です。
 
4つのIOTAの50名分である最大200枚をJN6RZMへ送れば500USDの支援が受けられるというUA9チームの大きなメリットになります。しかも一番に確実に入手できます。さらに、次回以降も別のペディションプランを立てやすくなります。
 
ドナー50名のリストをUA9チームへ届けます。希望バンド、モードなどもリクエストを取り、100%交信に可能な限り近づけたいと思います。交信時のチェックリストにしてもらいます。
 
細かい部分ですが、私に届けられた10USDより切手代82円+封筒代3円の85円を引いて預かりさせていただきます。UA9チームより届いた最大200枚のQSLカードを国内郵送で送付させていただきます。
 
10月末で50名で締めて11月初めに要領をご案内したいと思います。

« Club Log QSO Matches におけるAS-142 UE23RRC消去について | トップページ | GDXF Secretary のDK8UH Lutzさん訃報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Club Log QSO Matches におけるAS-142 UE23RRC消去について | トップページ | GDXF Secretary のDK8UH Lutzさん訃報 »