World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« RT9K/9のチームリーダー、UA9KDFを調べる | トップページ | AS-203 RT9K/0のQSLカードについて »

2016年10月26日 (水)

RT9KのQSLingを調べる

2017年2~3月に実施予定のRT9K/9(AS-068、AS-104、AS-121、AS-054)へのドネーション支援のご協力メール発信と当ブログでの紹介を10月21日(金)午後に発信しました。現時点で43名のご協力OKをいただきました。10月末で締めて11月1日に正式ご案内を送る予定です。

 
現在、RT9Kチームの状況を細かく確認しております。より効率的、より確実化を図り、50名のドナーが4IOTAのすべてのQSLカード200枚を回収することを目的に調整したいと思います。もちろん、交信済みのクレジット済みIOTAもあり不要分もあると思います。
 
前回2015年9月に実施されましたAS-203 RT9K/0 & UA0ZC/P Dobrzhanskogo IslandのQSLing状況を調べてみました。新しく実施されるRT9K/9と主要メンバーが同じのためです。RT9K/0はvia RX9KM、UA0ZC/Pはvia UA0ZC ご本人です。
 
IOTAクレジットは3か月あまり後の2016年1月31日に締め切られ7.7%です。総IOTA申請者数1,424名から算出しますと110局がクレジットを終えています。もちろん世界でです。JAは20局くらいかもしれませんね。
 
Club Logサーチの結果はRT9K/0が6,973 QSOs、UA0ZC/0が2,254 QSOsの交信数です。
 
私は2015年9月19日にOQRSの処理を行ったところ、RT9K/0の処理がうまく動かず、本家のQSLカードを欲しかったのですが、UA0ZC/Pにて請求しました。ひょっとしてと思いましたが、11月27日にValeryさんから受領しました。私の友人は年を越しても届かないと言われていた記憶が残っています。
 
よくわかりませんが、RT9K/0のQSLは1月末に間に合ったのかどうかと言うところでしょう。この辺りはvia RX9KMから届かないというメッセージを見つけることはありませんでした。1年遅れで申請される局もあると思います。概ね半年くらいの回収機関と見た方が良いです。
 
RT9K/9は来年3月実施ですので、平均的に半年後の9月には紙のQSLカードを入手できることになります。
 
私がお世話させていただきましたドナーへのQSL発送は、いつも「いの一番」便です。世界で一番に発送し、確実に世界で一番に届けてくださるようしています。50名分の封筒作りが圧巻です。住所のメンテナンス、新規ドナーの登録、プリンタ出力と意外と大変です。
 
従前はクロネコヤマトのメール便にて送っておりましたが、今回は郵送になります。ご安心ください。via JN6RZM経由のドネーションから85円(切手代82円+封筒代3円)を除してUA9KDFへ送金します。速い、確実がモットーです。
 
10月末で締め切り、11月1日に正式ご案内をお送りします。ご協力希望の方はjn6rzm@nifty.comへメールでご一報ください。
 
写真は2012年9月にNA-240 KL7RRC/PのQSLカードを満載したN7ROからの小包です。 集合すると送料も格段に安くなります。
Na240_kl7rrcp_001_300x225
 
これがN3QQ Yuriさんが実行したNA-240 KL7RRC/P JAドナー分のQSLカードです。
Na240_kl7rrcp_003_300x225
 
【ご参考】

« RT9K/9のチームリーダー、UA9KDFを調べる | トップページ | AS-203 RT9K/0のQSLカードについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« RT9K/9のチームリーダー、UA9KDFを調べる | トップページ | AS-203 RT9K/0のQSLカードについて »