World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 過去のQSLカード AS-121 RU0B とAS-087 RU0B/P並びにAS-054 R0/UR8LVに学ぶ | トップページ | RT9Kチームの2018年ペディションの傾向を掴む »

2016年11月 7日 (月)

2001年4月の北極海ツアー「THE LOST ISLANDS OF THE ARCTIC」を調べる

いまさらとも思いましたが、過去の運用に隠された知らない情報がたくさんあると信じ、2001年4月のUA9OBA等による北極海IOTAツアーを調べてみました。2002年版IOTA DIRECTORY edition 11thとQSLカード3枚がデータソースです。

 
対象のIOTAは次の通りです。
①AS-156 RU0B   Ushakova Island
②AS-042 RS0B   Severnaya Zemlya Island
③AS-057 RU0B   Uedinenija Island
④AS-050 RU0B/P Sergeya Kirova Islands
⑤AS-068 RS0B/P Mona Islands
⑥AS-005 R3CA/0 Dikson Island
 
目玉はAS-156 Ushakova Islandでした。当時はAS-156PというProvisional IOTA numberを使用せずAS-001番からの運用年月日順で付番されていました。そのため、New IOTAは事前にRSGB IOTA Committeeへ申請していました。G3KMA等が呼んできて「Your IOTA number is Asia 156」とお空で付与していました。
 
メンバーは13名で大型のヘリコプターを使用しています。アンテナはCushcraftのA3S(3エレトライバンダー八木)とR8(8バンドバーチカル)とG5RV, T2FDでリグ+アンプ+発電機3セットでの運用です。①~⑤運用の要点のみ拾ってみます。
 
①AS-156 RU0B   Ushakova Island
ツアー最初の運用であり、かつNew IOTAのために力が入っていたようです。詳細に報告されていますが、強風と-28~-20度の寒さであり、手がかじかんでCWオペレーションがしづらいことを上げていました。総QSO数は13,000を超えるとありました。
 
②AS-042 RS0B   Severnaya Zemlya Island
ここも総数10,000QSOを超えたとあります。
 
③AS-057 RU0B   Uedinenija Island
3番目になります。AS-057は3日間で総数10,000を超えたとあります。ここまではすべての機材を使用したと思われます。
 
④AS-050 RU0B/P Sergeya Kirova Islands
4番目はわずか3時間運用で473QSOsとありました。恐らくビームをセッティングする時間はないと思われます。
 
⑤AS-068 RS0B/P Mona Islands
5番目もわずか2時間の滞在で342QSOsと報告してありました。ビームなしと判断できます。
 
私の結果もご参考までに(FT-840 100ワット、APA-4 12メーターハイ)。
①AS-156 2001年4月19日 0940 10mSSB と 同日 1204 15mCW、QSLはシール使用。
2001年4月22日に1IRCで請求し、2003年1月31日JARLにて受領。マネジャサインなし。
 
②AS-042 2001年4月23日 2228 14MHzSSBのみ。4月26日1IRCにて請求、2002年10月1日受領。手書き、RW3GWのサインあり。
 
③AS-057 2001年4月25日 0925 21MHzCW, & 1144 14MHzCW & 26日 1250 10MHzCW。4月28日1IRCにて請求、2002年10月1日に②と同時受領。UA9OBAの手書きとサインあり。
 
また、④AS-050と⑤AS-068は交信に至らず。どちらも微かに信号をとらえましたがコールするに至らず。UA9OBAはSSBのみの運用が多く、APA-4と100ワットでは厳しいかったです。
 
  AS-156 R0B Ushakova   Island       24.5%
1 RI0B (Apr 01) via RW3GW Ushakova Island
当然ですが、2001年4月の1回のみです。クレジット率は24.5%とレア扱いではありません。13,000QSOsが効いています。
 
 
         
  AS-042 R0B Severnaya   Zemlya (North Land) 45.1%
AS-042は42局のため明細を割愛しました。90年代の過去の運用が多いです。近年は10年に一度程度。昨年2015年9月のUA4WHXによるRI0BV/0が記憶に新しいです。
 
                                           
  AS-057 R0B Uyedineniya   Island       23.9%
1 RU0B (Apr 01) vis UA9OBA Uyedineniya Island
2 UA0BBG (89) Uyedineniya Island
①のAS-156と同様に10,000QSOsが大きく貢献していることがわかります。23.9%です。
 
                                                               
 AS-050R0BSergeya   Kirova Islands  8.5%
14K4BEU/P(93)Sergeya Kirova Island
2RU0B/P(Apr 01)via UA9OBAIsachenko Island
3UA0BEO(85)
わずか473QSOではクレジット率は8.5%で超レアのままです。 新しいペディションが望まれます。
 
                                                                     
 AS-068R0BKara   Sea Coast Centre group 13.9%
14K4/EK9JG(90)Zapadnyy   Kamenny Island
2R3CA/9(Mar 16)via UA9OBABegichevskaya Kosa Island
3RS0B/P(Apr 01)Kravkova Island
4RW0BG/P(Jul 08)via RW0BGMorzova Island
なんども掲載していますが、342QSOはどの程度貢献しているのでしょう。その後、2008年のRW0BG/Pと2016年3月R3CA/9が実施されています。後者はQSL発行がまだですので、13.9%には含まれていません。
 
10~20年に1回程度しかQRVのないIOTAへはぜひぜひビームアンテナをセッティングして多くの局にサービスできるように頑張ってほしいですね。

« 過去のQSLカード AS-121 RU0B とAS-087 RU0B/P並びにAS-054 R0/UR8LVに学ぶ | トップページ | RT9Kチームの2018年ペディションの傾向を掴む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 過去のQSLカード AS-121 RU0B とAS-087 RU0B/P並びにAS-054 R0/UR8LVに学ぶ | トップページ | RT9Kチームの2018年ペディションの傾向を掴む »