World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« RRC 2016 Meeting in Orel の紹介 | トップページ | IOTA-R0 Wanted listの2017年への更新 »

2016年11月30日 (水)

AS-006 VR2USJ Hong Kong Islandのご紹介 その3

11月18日付け「AS-006 VR2USJ Hong Kong Islandのご紹介 その2」の記事にご本人の落合OMよりコメントをいただきました。そのコメントを埋もれさせるのは勿体ないと思い、下記にそのままを転載させていただきます。ご本人にも了解をいただきました。

 
山本OM殿 
VR2USJをご紹介頂き有難うございました。QSLは高層マンション自室のベランダからDU方向を撮影したものです。HFは10m~40mのCWとSSBでQRV可能ですが、他にアクティブ局が少ない30m & 40m CWメインに運用しています。
 
週末又は平日の夜間・早朝のSKEDは歓迎(QRP/アパマンは大歓迎)です。jf1rcy@i.softbank.jp 宛てにリクエストしてください。 ClubLogとLoTWは約2週間毎に更新しています。 JA向け紙QSLは、一方的にJARL経由で100%発行いたしますが、お急ぎでしたら香港の住所(QRZ.com)へSASEをお送りください。
 
日本の住所にお送り頂くと回収に時間が掛かる場合があります。GS/IRCは一切不要です。 恐らく来年の春までの滞在となりますので、VR2未回収のバンド・モードがあればお声がけください。de VR2USJ 落合
 
とのことです。
香港は大きく中国本土側と香港島を代表する島のAS-006側に分かれており、IOTAを始められたばかりの方にはわかりづらいIOTAです。落合OMのVR2USJ QSLカードにはAS-006 Hong Kong Islandと明記されています。
 
海外からのクラスターレポートも上がっていますが、まだIOTA AS-006と一度も摘要が入っていないため、実は私も探しているところです。ぜひチャレンジしてください。お気軽に落合OMへメールを送られてください。

« RRC 2016 Meeting in Orel の紹介 | トップページ | IOTA-R0 Wanted listの2017年への更新 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« RRC 2016 Meeting in Orel の紹介 | トップページ | IOTA-R0 Wanted listの2017年への更新 »